冷凍食品の種類が豊富なローソンですが、解凍不要で食べられる低カロリーな冷凍スイーツがあるのは知っていましたか?

今回は、そんなローソンのアップルパイ、カッサータ、ティラミスを実際に購入してみました。

味やカロリー、そもそも、本当に解凍しなくてもおいしく食べられるのか? などを中心にレビューします。

アップルパイ 399円(税込)

まずは、コンビニスイーツの定番、アップルパイです。

内容量は2個、価格は399円です。

アップルパイがおいしいタイミングといえば、焼き立てアツアツのときを思い浮かべますが、これはまったく新しい、冷たいアップルパイです。

カロリーは、1個当たり155kcalです。

1個が52gなので、通常のアップルパイと比べると、やや小さめです。

小腹が空いたときや、少し甘いものが食べたいというときにぴったりのサイズでしょう。

丸いアップルパイが2つ入っています。

プラスチックの容器は、真ん中で切り離すことができるので、シェアするときや、1つだけ保存するときに便利です。

まずは、冷凍庫からすぐ出したものを食べてみます。

冷凍なので、パイ生地はしっとりしているのかな? と思いましたが、意外にもサクサクです。

冷凍だからといって、切りにくいといったこともなく、フォークで少し力を入れる程度で切れました。

中は、りんごの果肉とクリームが入っています。

解凍を待たずに食べる場合、りんごがシャリシャリで、クリームはバニラアイスのようになっていて、今までのアップルパイにはない新しいおいしさでした。

例えると、サクサクな生地にりんごが入った、シューアイスのようです。

次に冷蔵庫で、2時間ほど解凍したものを食べてみました。

解凍すると、りんごもクリームも柔らかくなって、生地はしっとりしています。

こちらもまた、冷凍のものとは違ったおいしさで、りんごの甘さをより強く感じました。

クリームの甘さは、解凍されても甘すぎることなく、りんごとちょうどよく合います。

冷凍のものと解凍のもの、どちらも違う楽しさがあるのでぜひ試してみてくださいね。