「レトロ」という言葉にピンと来たら、きっと「アデリア」のレトログラスがお気に入りになると思います!

「アデリア」は創業200年の老舗から生まれたブランド

アデリアは、創業200年を迎えたガラス製品メーカー「石塚硝子株式会社」の食器ブランドです。テーブルウェアから飲料のボトルまで幅広いガラス製品を製造しており、昭和36(1961)年に食器事業への本格参入とともに「ADERIA(アデリア)」が誕生しました。

どこの家庭にもひとつはあった、今となってはレトロな柄のコップや梅酒を漬ける果実酒びんの多くがアデリアの製品でした。

アデリアレトロ

「アデリアレトロ」は、かつて昭和の家庭で使われていたアデリアのグラスウェアを、今のライフスタイルでも使えるようにリメイクした製品です。

アデリアの食器の中では、花や動物など、かわいらしい柄をあしらったプリントグラスが有名で、実家などに帰ると、まだ現役なんてこともあるかもしれません。

そんな愛されグラスが、使いやすい姿にアップデートされています。

「アリス」シリーズ

オレンジと黄色のポップな色使いが印象的な「アリス」は、昭和アデリアの代表的な商品のひとつ。昭和46(1971)年の発売と同時に主婦や若者の間で人気となり、食卓をカラフルに彩りました。当時の商品はコップ・ピッチャー・カップ&ソーサー・容器・灰皿など多岐に渡ります。ギザギザの花びらがトレードマーク。

中コップ8 アリス:770円(税込み)

麦茶やジュースなど、何を入れても可愛いスタンダードなコップ。口部の強化をしているので、毎日、安心して使える“ちょうどいい”コップです。

台付きグラス320 アリス:770円(税込み)

丸みのある台座は可愛らしい。そして、可愛いだけではなく、安定感もあります。氷やドリンクがたっぷり入るサイズなので、フロートやパフェなどにぴったり!