昔からよくあるのは、年上の彼氏と年下の彼女という組み合わせ。男性に経済力を求める年下女性と、年上として女性を守りたい男性がカップルになることは多かったですよね。

いまは女性も仕事に邁進する方も多く、誰かに守られるよりも、肩を並べて歩きたい、なんなら女性側が男性をリードすることもできるという時代に変わってきました。

そんな時代の変化に伴って、昨今ではそれほど珍しくなくなった、女性側が年上で、男性が年下という組み合わせ。

何を隠そう筆者も13歳年下の彼氏と結婚したのですが、そんな実体験やまわりの「年上彼女×年下彼氏」カップルの様子を見聞きしたなかで、この組み合わせが魅力的だと思うその理由を紹介します。

年上彼女と年下彼氏はなぜうまくいく?

1:年下彼氏は何をしても可愛い

歳の差カップルといっても、ほんの1、2歳差から10歳以上の年齢差までさまざまではありますが、女性が年上の場合、その精神年齢の高さがカップル間のコミュニケーションで表れやすいものです。

年下彼氏の年齢そのままな等身大でいるタイプだと、年上彼女よりも当然、経験値が少ないので、年上彼女のほうが「放っておけない」という気持ちになることも少なくありません。

たとえ見た目が大人っぽい男性で、大人びた発言をするようなタイプでも、一緒にいる時間が長ければ長いほど、どこかに年下らしいあどけなさがかもしだされてくるのです。

結果、年下彼氏は何をしていても、年上彼女の目には可愛く映るものなのです。

2:年上彼女の自立心に惹かれる

おたがいに仕事をしていることが多い「年上彼女×年下彼氏」の組み合わせでは、職種は違うことがあっても、バリバリと働く女性を恋人にしている男性が多いようです。

仕事においてのポリシーや、これまでずっと頑張ってきた年上女性の仕事に対するスタンスなど、年下彼氏の同世代や年下女性にはない、自立心に惹かれるというパターンも。

もともと年上のほうが甘えやすいという男性もなかにはいるかもしれませんが、それまで年上女性のことはそれほど恋愛対象ではなかった場合でも、「たまたま好きになったのが年上女性だった」という年下男性も少なくありません。