付き合い始めは相手の目を気にして過ごすことが多いものです。身出しなみや持ち物、しぐさ、言動に至るまで、細かく気を配っていたのではないでしょうか。

しかし、付き合いが長くなると、徐々に気が抜けてしまうことがほとんど。場合によっては、「それはちょっと…」と彼氏がドン引きしていることもあるかもしれません。

そこで、今回は彼氏が口に出さないだけで、実はけっこうドン引きしているアレコレについてご紹介します。

「えー・・・それはちょっと引くわ」彼氏がドン引きする6つのこと

さっそく、彼氏が引く6つのことをご紹介します。あるあるなものも多いので、もしかしたら心当たりがあるかも?

今日から自分の行動を改めるためにも、ぜひ以下を参考にしてみてくださいね。

1.スマホの画面がバキバキに割れたまま放置

うっかり落としたり、ぶつけたりして割れてしまうことが多いスマホの画面。バキバキに割れてしまったのに、修理することなく放置している女性はいませんか?

スマホの修理代はちょっぴり痛い出費ですが、バキバキの状態を平気で持ち歩く彼女に対して、ドン引きする男性は意外にも多いです。

なかには「一緒に外で過ごすのは恥ずかしい」という男性もいるほどなので、心当たりのある女性はこれを機に修理に出したほうがいいかもしれません。

ちなみに、最近は数十分〜1時間程度で修理が完了するサービスも増えています。気軽に修理に出しやすいお店が多いので、ぜひ近隣のサービスをチェックしてみてください。

2.寝起きでキスを求めること

「おはようのキス」はカップルの定番の習慣ではないでしょうか。しかし、男性のなかには、寝起きのキスに抵抗を感じる人もいるようです。

寝起きは口の中が乾燥していたり、雑菌が繁殖していたりして、口臭がきつくなるタイミング。自分が気が付かないだけで、あなたの朝の口臭も意外と大変なことになっているかもしれません。

こうした理由から、「寝起きでのキスは勘弁して…」と悩む男性は多いです。同棲している方はもちろんのこと、お泊りの翌朝は注意しておきましょう。

3.おうちデートで昼寝

おうちデートと言えば、一緒に食事を作ったり、映画鑑賞を楽しんだりといろいろな過ごし方ができます。そんなおうちデートで、男性がドン引きしてしまうことがあるのを知っていますか?それが「おうちデートで昼寝」です。

せっかくのおうちデートなのに、会って早々ゴロゴロ…。いつの間にかうっかり寝落ちしていた、という女性も多いのではないでしょうか。

彼氏としては、せっかくのおうちデートですから、起きて一緒に時間を過ごしたいのが本音。貴重なおうちデートの時間を昼寝に使われていては「会う意味あるのか…?」と彼氏も疑問を感じてしまいます。