4.LINEで報告してくることが多い

カップルにとって必須のツールとも言えるLINE。しかし、使い方を誤ると彼氏をドン引きさせてしまうことになるので注意してください。

たとえばTwitterのような感覚で、「今○○してるところ〜」など逐一連絡をしていることはありませんか?

「俺はTwitterじゃない!」「大した用じゃないならそんなにこまめに送らないでほしい」と、相手を困らせることになってしまいます。

楽しい時間を過ごしていると、ついついいろいろな人に共有したくなってしまいますが、送りすぎは禁物。「今日は○○するよ」「午後は△△ちゃんと遊んでくるね」と、事前の報告程度で十分です。

5.レジでお財布を出すそぶりだけで終わる

飲食店などでお金を払う際、彼氏が支払ってくれることがわかっていても、一旦財布を取り出して支払う意思を見せるのは女性のマナーのようなもの。

しかし、男性は財布を出すだけということはわかっているのが事実です。「どうせ財布を出すだけだろ」と、ドン引きしてしまうことが考えられます。

レジで財布を出す行為は決して間違いではありませんが、「次は私がおごるから!」「この後のカフェでは私が出すからね」など、一言あるとGOOD!

彼氏に不快感を与える心配はありませんし、次は自分が支払うという姿勢を見せれば「金銭感覚が合う」と将来を考えてくれることにもつながります。

6.些細な愚痴に対抗してくる

仕事やプライベート、将来のことなど、男性もいろいろな悩みや不満を抱えているものです。そんなとき、彼氏からポロッと愚痴がこぼれることもあるでしょう。そんなとき、あなたならどのように返答しますか?

うっかり、彼氏の愚痴に対して対抗しようものなら、彼氏をドン引きさせてしまうので注意してください。

たとえば、「最近仕事が忙しくて〜」という彼氏に対して、「私なんて3日寝ないで仕事してたことあるよ」「忙しいのはみんな同じだよ」なんて返答していては、「愚痴も言わせてもらえないのか」とげんなりしてしまうでしょう。

相手の愚痴は、できる限り受け止める姿勢を見せることが大切です。

付き合いが長くなるにつれて、だらしない部分をさらけ出せるようになったり、気を使わなくなったりすることが増えます。それだけお互いに信頼関係が築けるようになったという証拠でもありますが、度が過ぎると彼氏が愛想を尽かしてしまうかもしれません。

これを機に、今一度自分の習慣や行動を見直してみてはいかがでしょうか。