全ての親が子どもの幸せを願っているわけではありません。世の中には、子どもの恋愛をどうしても応援できない親もいます。今回はそんな毒親育ちの女性から、親のせいでダメになった恋愛についてお聞きしました。

お話を伺ったのは、34歳の会社員・松山千佳(仮名)さん。

松山さんは、恋人ができる度に母親に激怒されて別れさせられてきたそうです。挙句、婚約破棄になってしまったこともあるのだとか。一体どうしてそんな悲劇が起きてしまったのでしょうか?

異常すぎる母親の妨害行動が原因でいつも破局

「親に初めて恋愛に口を出されたのは、短大のときです。恋人ができて外出が多くなったら、勝手に部屋を物色されて……。さらに、『わかってんだよ、お前が親を裏切って誰かと付き合ってんのは!今すぐ別れろ!』とブチ切れられたのです。

そして、無断で私の携帯から彼の連絡先を入手されてありもしないことを吹き込まれ、携帯を真っ二つにされました。最初の彼も二人目の彼も、母親の過干渉が原因で別れています。

いつも何か反対する理由を上げられて、彼との関係を壊されてきました。例えば、彼の出身地が田舎だとか、彼の実家の職業がうちと釣り合わないとか、彼の兄弟の学歴が低いとか……。意味不明なイチャモンをつけられるのです。あと、長男以外(私が一人っ子のため婿養子でなければダメ)という条件もつけられました。今でも理不尽で、全く納得できません。

社会人になってからは、お酒の付き合いなども増えて帰宅が12時を過ぎることにもいちいち文句をつけられました。遅くなると、いつも鬼電、鬼メールが来るのです。帰宅後、首をしめられたり包丁をつきつけられたりしたこともありました。

身の危険を感じただけでなく、次第に『このままでは結婚はおろか、お付き合いもロクにできない』と思うようになり……。物理的距離をとるため、逃げるように実家を出て一人暮らしを始めました」

毒親の嫌がらせと侮辱的な発言により婚約破棄

それで松山さんの恋愛がうまくいくのかと思っていたら、そうではありませんでした。やっと実家から離れられたのに、母親のせいで婚約破棄になってしまいます。

「2年お付き合いした彼と結婚話が出たので、母親に勇気を振り絞って『彼が挨拶したいと言っている』と伝えたことで事件が起こりました。その瞬間、母親が怒り沸騰。『どこの馬の骨だ!いつからだ!なぜ隠していた!職業は?実家は?』といつもの流れに。

一通り説明しても『お前の話は信じられん。連れてこい!』と言われたため、日程を調整。そこからの行動が異常でした。店の名前までは伝えていなかったのに、自営業をしていた彼の店を特定し、すぐさまメッセージを送ってきたのです。

そして当時、彼のSNSの広告宣伝のためにモデルとして私の写真を載せていたことを知ってヒートアップ。『勝手に人の娘を世間にさらすな!誰の許可を取っているんだ!本人が良くても親が許さない!』と、SNSに嫌がらせコメントを付けられました。

顔合わせ時も、彼自身のことや仕事のこと、実家のことを侮辱され、挙句『こんな淫乱娘でもほしいか?』などと激しく問い詰められて辛かったです。

今思えば、彼の『家族なんだし、毒親でも俺がなんとかするよ』という言葉を信じて紹介したことが最大の誤算。とりあえずその場をおさめ、彼と帰宅しましたが、愛されて育った彼には娘の婚約者に暴言を吐くような親が存在することが理解できなかったようです。

『ごめん。今まで君が話を盛っていると思っていた。毒親だと聞いていたけど、想像以上だった。自分のことから家族のことまで初対面であんなにボロクソに言われて、君とこれから家族になんてなれない。婚約破棄したい』と言われました」