ミュージカル『ガイズ&ドールズ』が、2022年6月に帝国劇場、7月に博多座で上演されることが決定した。

トニー賞作品賞の他、8部門を獲得。1200回のロングラン公演を記録した人気ミュージカル

本作は1950年にブロードウェイで初演されると同時に大評判となり1200回のロングラン公演を記録した人気ミュージカル。これまでトニー賞作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞など8部門受賞の栄誉に輝いている。

育ちも環境も性格も正反対のギャンブラー・スカイと女軍曹・サラ。ギャンブラーたちの仕切り役・ネイサンと人気ショーダンサー・アデレイド。2組のカップルが物語の中心となる。

天才ギャンブラーのスカイを演じるのは、ミュージカル界で名実共にトップランナーの井上芳雄。

お堅い救世軍軍曹サラは、元宝塚歌劇団花組トップで舞台・映像と話題作に次々と出演し目覚ましい活躍を続ける明日海りおが演じる。

スカイのギャンブル仲間ネイサンは、読売演劇賞最優秀男優賞受賞をはじめ確かな実力が評価され難役に次々と挑む浦井健治が、ネイサンの婚約者である踊り子のアデレイドは元宝塚歌劇団雪組トップで華のあるビジュアルと歌唱力を誇る望海風斗が演じる。

演出は、『春のめざめ』、『アイランド』のリバイバル公演でトニー賞候補に挙がり、ブロードウェイ史上初めて35歳以下で2度のノミネートを果たした、ブロードウェイで今最も注目を集める若手演出家であるマイケル・アーデンが担う。

アーデンは『メリリー・ウィー・ロール・アロング』『メイビー・ハッピー・エンディング』などを手掛けるほか、ブロードウェイで俳優としても活躍しており、最新演出作である本作への期待が高まる。

情報発表に合わせて、井上、明日海、浦井、望海、アーデンより、コメントが寄せられている。