車やバイクによる騒音などの迷惑行為を無くそうと山梨県で取り締まりが行われ、整備不良や免許不携帯で11件摘発されました。

この取り締まりは、違法に改造された車による騒音などの迷惑行為を無くすために、16日、笛吹市御坂町と富士吉田市新西原で行われました。

提供:関東運輸局

取り締まりは警察59人態勢で、富士吉田市は関東運輸局山梨運輸支局とも合同で行われ、車とバイク、合わせて150台を検査しました。

提供:関東運輸局

このうち、違法マフラーなどの整備不良で8件、免許不携帯で3件が摘発され、後部反射器取り外しや違法な灯火器取り付けなど指導を受けたのが14台だったということです。

提供:関東運輸局

県警は違反改造車両の取り締まりを強化して、迷惑行為の防止につなげたいとしています。