大学3年生などを対象にした山梨県の合同就職フェアが甲府市で行われました。

UTY

会場には製造業や小売業など県内を拠点とする75の事業者がブースを出し、就職を希望する学生らに事業内容や募集する職種、福利厚生を説明しました。

UTY

一方で学生側は、就職後の育成方針や得られるスキルなどを質問し、年間の休日数や連休があるかといった待遇面も念入りに確認していました。

UTY

今回の就職フェアには去年を22社上回る173社の申し込みがあった一方で、学生側の参加者は約60人で4割ほど減少し、県は今年の就職戦線も「学生側有利の売り手市場の傾向が強まっている」とみています。