建物の解体工事現場に侵入し、銅線約238kgを盗んだ疑いなどで解体工の男らが逮捕されました。

警察の調べによりますと、新潟市江南区の解体工の男(23)と同じく解体工で新潟市西区の男(23)は、新潟市秋葉区の建物の解体工事現場に侵入し、銅線を盗むなどした疑いがもたれています。
最初に、江南区の男が、16日午前0時過ぎに現場に侵入したところを発見され現行犯逮捕されました。西区の男は一緒にいましたが逃走。その後の捜査で逮捕されました。西区の男は、15日深夜から16日深夜までの間にこの解体工事現場から銅線約238kgを盗んだ疑いも持たれていて、この窃盗に江南区の男も関わっているとみられています。男らは容疑を認めています。
警察は転売目的の可能性があると見て、詳しい経緯や余罪などを調べています。