無料の地図アプリであるGoogleマップには、車載カーナビと比べてさまざまなメリットとデメリットがあるようです。サービス開始当初より狭い道を案内する傾向があったGoogleマップですが、現在はどうなっているのでしょうか。

音声による目的地検索はピカイチ

 Googleマップは、登録さえすれば誰でも無料で使えるのが最大の魅力です。

 しかも、クルマだけでなく公共機関を使ったルートや、徒歩、自転車といった多彩なニーズにも対応しています。一方で、案内される ルートに不安を感じる人も少なくありません。Googleマップは本当にルート案内として実用的なのでしょうか。

 Googleマップを使う方法は2通りあります。ひとつはスマホ単独で使う方法で、走行中はホルダなどに装着して使います。もうひとつは最近新車にも装着が増えているディスプレイオーディオと組み合わせて使う方法です。

 ここでは安全面を考慮する使い方という意味で、後者のディスプレイオーディオでの使い方を中心に紹介したいと思います。

 ディスプレイオーディオと組み合わせるメリットは、大画面でスマホのアプリが展開できることにあります。スマホは画面が小さく、カーナビとして使うには視認性も操作性も決して良いとは言えません。

 さらに電話が着信した際にも、ディスプレイオーディオならワンタッチでハンズフリー通話が可能となります。つまり、スマホ単独で使うことの弱点をサポートしてくれるのがディスプレイオーディオというわけです。

 そうした中でGoogleマップの使い勝手の良さを実感できるのが、音声による目的地検索です。

 これはスマホ単独でもできる機能ですが、ディスプレイオーディオと組み合わせることでアイコンが大きく表示されるようになり、走行中でも安全かつ楽に操作できるのがポイントです。しかも、Googleの検索エンジンはその能力が極めて優れていますから、あいまいなキーワードに対してもしっかりと対応してくれます。

 これがカーナビだと、目的地を検索するのに一旦停止し、その上でメニューから50音入力を開いてキーワードを入力。しかも、そのキーワードがあいまいだと思うようにヒットしなかったりします。最近ではクラウド上のデータに音声で検索できるカーナビも登場していますが、まだまだ少数派。この検索能力での比較では、間違いなくGoogleマップに軍配が上がると言っていいでしょう。

 ディスプレイオーディオで使うルート案内は、Googleマップにもともとあった機能である「運転モード」に近いものがあります。

 表示される内容が集約されて、運転中でも肝心の道路情報が把握しやすくなっているのです。

 ただ、情報がほとんどないということで、車載カーナビと比べると物足りなさを感じるかも知れません。とくにGoogleマップでは、ルート案内中だと3D表示がデフォルトとなり、一般道を走行中は家の形状まで表示するものの、主要施設の情報もほとんど表示されないままです。

 また、Googleマップは道路の高低差を認識することがありません。

 都市部では一般道と高速道が上下に重なっている場所が少なくありませんが、この道路での案内を自動的に判別することにGoogleマップは対応できないのです。

 加えて、トンネルに入るとGoogleマップは測位を停止してしまいます。これはGPSの電波が受信できないためで、一応、トンネルに入った速度を維持して一定時間はそのまま動きますが、それは正確な位置を反映しているわけではないのです。ただし、今後はUSBから車速パルスを取れるようになる可能性はあります。

 Googleマップのルート案内は、車載カーナビのように交差点拡大図を表示しません。案内地点で表示するのは、分岐点までの距離と進行方向、交差点名を基本に、分岐した先の方角を案内することで進行方向を誘導します。

 どんな道路にも名称が付与されている欧米なら、分岐点から先の通り名が把握できれば十分なのですが、通り名が付与されていない日本では、少し複雑な交差点になると、周辺に目印がある交差点ガイドが欲しくなります。

車載カーナビを使いながらGoogleマップも使う「両刀遣い」ドライバーも多い

 ルート案内については、Googleマップは当初より狭い道を案内する傾向にありました。しかし最近は、少なくともすれ違いができない道を案内することはなくなったようです。

Googleマップならではの表示がこの航空写真とのリンク。地形がリアルに把握できるので、普段とは違った気分でドライブができる

 このあたりは、かなり改善されたとみていいと思います。

 ただし、プローブで収集した交通情報の精度はあまり高くないようで、幹線道路が周辺にあるにもかかわらず、市街地を案内することも少なくありませんでした。狭い市街地を走行して、何度も右左折を繰り返すのは相変わらずで、初めての道でこの案内をされると疲れてしまいます。

 目的地の施設に対する入口情報は、いまも整備されていないようです。入口情報が整備されていないと、目的地としてプロットした位置からもっとも近い道路で案内が終了してしまうことにもなり、場合によっては入口とまったく反対の場所で案内が終わるということも考えられるわけです。

 今回も改めて思いついた施設を目的地に設定して試してみましたが、施設の入口まで案内することはなく、途中で案内を終了していました。Googleマップを利用するにあたってはこのあたりの特性を知っておくといいでしょう。

 ただ、Googleマップの凄さを思い知ったのは、ホームセンターなど大型施設では、施設内の道路にまでルート案内できるようになっていたことです。

 つまり、入口情報がなくてもこの方法によって事実上、入口までの案内ができることになります。主要な施設だけの対応とは言え、このあたりは従来よりも大きく進化したポイントと言えるでしょう。

※ ※ ※

 最後にGoogleマップをスマホ単体で使った場合を考えてみます。

 じつはディスプレイオーディオで使うのと違い、スマホ単独で使った場合は、機能面でかなり充実していることがわかります。

 とくにAndroid端末ではその充実ぶりは桁違いで、ルートの選び方などは変わらないものの、機能面でのメリットは大きいと言えます。しかし、スマホで使うことは小さな画面で使うことになり、視認性や操作性などいずれにおいても安全面でオススメしにくいというのが正直なところです。

 とはいえ、Googleマップには優れた検索能力があるわけで、それだけに車載カーナビを使いながら、適宜Googleマップに切り替えて使う“両刀遣い”する人も少なくないようです。

 とくに車載ナビは地図データを更新するのも費用負担は避けられず、その点、常に最新のデータが無料で使えるGoogleマップは大きな魅力があります。

 車載ナビとGoogleマップを上手に使い分け、スマホで使う場合は同乗者の手を借りるなどして、快適なドライブを楽しみましょう。