トヨタの人気SUV「ハリアー」が一部改良するとともに、プラグインハイブリッドシステム搭載車が登場しました。

トータル出力306馬力のE-Four(4WD)モデル

 トヨタは2022年9月26日、ミドルサイズSUV「ハリアー」を一部改良するとともに、プラグインハイブリッドシステム搭載車(PHEV)を新設定しました。ガソリン車およびハイブリッド車は同年10月4日、PHEVは10月31日に発売されます。

 今回の一部改良では、プリクラッシュセーフティに交差点右折時の対向直進車、および右左折時の対向方向から横断してくる歩行者を検知する機能を追加した予防安全パッケージ「トヨタ・セーフティ・センス」を全車に標準装備しています。

 さらにコネクティッドナビ対応のディスプレイオーディオを採用。12.3インチの大画面ディスプレイを設定したほか、車載ナビを搭載。またクルマがWi-Fiスポットになる「車内Wi-Fi」を採用しています。

 新たに設定されたPHEVモデルを設定。Zグレードに大容量リチウムイオンバッテリーを搭載したプラグインハイブリッドシステムを設定しています。モーターによる走行性能を高めるとともに、のびやかで上質な加速と低重心による優れた操縦安定性を実現します。

 PHEVモデルは専用フロントグリルなどを採用、さらに専用外板色の「グレーメタリック」を含む4色を設定。随所にブラック塗装を施したほか、内装には、インストルメントパネルからドアトリムへ金属メッシュ質感のダークレッドパイピングオーナメントを採用しています。

 また最大1500W(AC100V)の外部給電システムや後席シートヒーター、床下透過表示機能付パノラミックビューモニターを標準装備します。

 PHEVモデルは、177馬力・219Nmを発生する2.5リッターガソリンエンジンに、フロント182馬力・270Nm、リア54馬力・121Nmを発生するモーターを搭載。システム最高出力は306馬力となります。

 一部改良されたハリアーの消費税込みの価格は、312万8000円から620万円(PHEV:620万円)となります。