フェラーリ初となるバーチャルモデル「ヴィジョン・グランツーリスモ」が発表されました。レースシミュレーションゲーム、「グランツーリスモ7」で12月23日から誰でも操縦することが可能です。

2022年12月23日から「グランツーリスモ7」でドライビングできる!

 伊フェラーリは2022年11月28日、モンテカルロで開催中の「グランツーリスモ・ワールドファイナル」において、フェラーリ初のバーチャル専用モータースポーツコンセプトカー、「フェラーリ・ヴィジョン・グランツーリスモ(Ferrari Vision Gran Turismo」を発表しました。

 ヴィジョン・グランツーリスモは、フェラーリがゲームシリーズ「グランツーリスモ」のため特別にデザインした初めてのコンセプトカーです。

 グランツーリスモは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの子会社ポリフォニー・デジタルが開発するレースシミュレーションゲームで、1997年に初めて発売されました。

 2022年はゲームの発売25周年にあたる記念の年で、グランツーリスモの発案者である山内一典氏の「みなさんが考える理想のグランツーリスモをデザインしていただけませんか?」という一言により、フェラーリは幅広いファンが楽しめるように、この課題に 立ち向かい、初めてバーチャル・コンセプトモデルを生み出したといいます。

 ヴィジョン・グランツーリスモのデザインは、フラヴィオ・マンゾーニ氏率いるフェラーリ・スタイリングセンターが担当。1960~70 年代の伝説的なフェラーリ・スポーツプロトタイプを近未来的にリデザインしたといいます。
 
 搭載するパワートレインは「296GTB」「296GTS」「296GT3」「499P」と同じ3リッターV型6気筒エンジンで、1030馬力・900Nmを発生。これにリアアクスルに1基、左右のフロントアクスルに1基ずつ、合計3基のモーターが組み合わされます。モーターの合計出力は326馬力です。

 これにより、0−100km/h加速は2秒以下、0−200km/h加速は5秒以下、最高速度は350km/h以上というパフォーマンスを誇ります。

※ ※ ※

 ヴィジョン・グランツーリスモは、2022年12月23日から、「グランツーリスモ7」ですべてのユーザーが体験できるようになります。

 また今回発表された実物大のデザインモデルは、同年12月15日からマラネッロのフェラーリ・ミュージアムで初めて一般公開され、現在開催中のエクスクルーシブ なワンオフモデルの特別展とともに、2023年3月まで展示されます。