F1アルピーヌチームのドライバー、フェルナンド・アロンソ選手の名を冠した限定車、「アルピーヌA110R フェルナンド・アロンソ」が日本で販売されます。世界限定32台はアロンソ選手の優勝回数と同数ということ。日本では1名だけが手に入れることが可能です。

アルピーヌF1マシン「A522」で使われるレーシングマットブルーのボディ色

 アルピーヌ・ジャポンは2022年11月30日、F1世界選手権で32回の優勝を飾り、2度のワールドチャンピオンに輝いた2021/2022年のアルピーヌF1チームドライバー、フェルナンド・アロンソ選手の名前を冠した限定車「アルピーヌA110R フェルナンド・アロンソ」を販売します。

 アルピーヌA110R フェルナンド・アロンソは、アロンソ選手の優勝回数と同数の32台のみが生産され、日本での販売台数は1台限りとなります。

 購入申込みを12月1日から11日まで、アルピーヌ・ジャポン オフィシャルウェブサイト内専用申し込みページと、全国のアルピーヌ正規販売店で受け付けます。購入申込みが販売台数を超えた場合は、抽選による販売となります。

 ダンパーにはアルピーヌが特許を持つ、Road(標準車高)、とTrack(標準マイナス10mmの車高)の2段階の車高調整機構(シム)を備えています。Trackに設定すると車高が10mm下がるとともに、スプリング剛性が5%上がり、アロンソ選手が施したベストなシャシーセットアップとなります。

 また2トーンに塗り分けられたフロントボンネット/リアフード/リアバンパー、アロンソ選手をイメージしたイエロー/オレンジ/ブルーの専用エンブレム、オレンジブレーキキャリパーなどが特徴となります。

 インテリアでは、アロンソ選手のサインロゴ付きバケットシートやオレンジドアハンドル、イエロー/オレンジ/ブルーエンブレム、センターコンソールにはシリアルナンバープレートが装着されます。また購入者には、アロンソ選手のレプリカヘルメットが贈られます。

 消費税込みの車両価格は2400万円です。

※ ※ ※

 限定車アルピーヌA110R フェルナンド・アロンソのベースとなるA110Rは、2022年10月に世界初公開された、、2シータークーペ「A110」シリーズの頂点という位置付けになるスポーツモデルです。

 エアロダイナミクスをさらに向上させるため、新形状のディフューザー、スワンネックタイプ のリアスポイラーマウント、サイドスカート、エアインテーク付フロントボンネットが採用されています。

 搭載される直列4気筒ターボエンジンは、300馬力まで引き上げられます。最大トルクは340Nmで、トランスミッションは7速DCTが組み合わされます。

 軽量化によリ、パワーウエイトレシオは3.6kg/psを実現。ローンチコントロールを使用した際の0−100km/h加速は3.9秒、0−1000mはわずか21.9秒というパフォーマンスを誇ります。最高速度は285km/hです。