世界中で人気のコンパクトSUV、BMW「X1」にMパフォーマンスモデル「X1 M35i」が登場しました。2リッターエンジンは317馬力・400Nmを発生、Mらしいスポーティな走りを実現するといいます。

317馬力・400Nmの2リッターエンジンを搭載

 ビー・エム・ダブリュー(BMW日本)は2023年9月26日、コンパクトSAV(SUV)「X1」のラインナップに「X1 M35i xDrive」を追加、発売しました。納車は2024年1月下旬以降を予定しています。

 X1はBMWのSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)ラインナップの中でもっともコンパクトなモデルで、初代は2009年に登場。初代X1は当時の3シリーズツーリング(E91型)をベースにしており、駆動方式はFR、またはFRベースの4WDでした。

 2015年には2代目にフルモデルチェンジ、この際「1シリーズ」と同じFFプラットフォームベースになっています。

 現行型は2022年7月に登場した3代目で、日本でも電気自動車の「iX1」とともに2023年2月に登場しています。

 全長4500mm×全幅1845mm×全高1645mm、ホイールベースは2690mmというボディサイズは、2代目X1に比べて全長で45mm、全幅で25mm、全高で30mm、ホイールベースで20mm、それぞれ大きくなっています。

 今回追加されたX1 M35i xDriveは、X1に登場した初のMパフォーマンスモデルです。

 搭載されるエンジンは317馬力・400Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボエンジンです。

 組み合わされるトランスミッションは7速ダブルクラッチ・トランスミッション(7速DCT)で、「Mスポーツブースト」と呼ばれる機能を搭載。これは左手のシフトパドルを1秒以上引くと、すべてのパワートレインとシャシシステムがもっともスポーティな設定に変わるものです。

 さらに4輪駆動システムxDrive、フロント・アクセルに組み込まれた機械式リミテッドスリップデファレンシャル、アダプティブMサスペンションなどを組み合わせています。

 エクステリアも、Mロゴ付きの垂直な二重バー装備のBMW Mキドニーグリル、黒色仕上げのMエクステリアミラーキャップ、4本出しのテールパイプ、19インチMアロイホィール、Mドアシルトリム、Mペダル、パドル・フト付きMレザーステアリングホィール、照明付きMスポーツシート等を採用、Mパフォーマンスモデルであることを主張しています。

 消費税込みの車両価格は786万円です。