スウェーデン発のラグジュアリーブランド「ゴールデンコンセプト」が手がける高級iPhoneケースから、クロコダイルレザーやスワロフスキーを使用したスペシャルエディションが発売されました。

ゴールデンコンセプト日本公式サイトで先行予約を受付

 スウェーデン発のラグジュアリーブランド「ゴールデンコンセプト」は2021年10月18日、同ブランドが手がける高級iPhoneケースに、クロコダイルレザーやスワロフスキーを使用したスペシャルエディション、「CLD13 Himaraya Edition」を追加すると発表。ゴールデンコンセプト日本公式サイトにて、先行販売を開始した。

●ゴールデン コンセプトってどんなブランド?

 ゴールデンコンセプトの物語は、スウェーデン出身のデザイナーであり起業家のプイア・シャムソサダティ氏が、市場と自分の感性に違和感を感じた2015年にスタートした。

 工業デザインの修士号や成功したキャリア、そしてラグジュアリーの世界に精通していたことなどもあり、自身のセンスにあった電話やアクセサリーを見つけるのに苦労したという。

 そこで彼は、自ら気に入ったものを作るべく、ゴールデンコンセプトを立ちあげたのである。

 当時プイア氏は、すでに200万人のフォロワーを持つ強力なソーシャルメディアを管理しており、彼の初めてのカスタマイズiPhoneを、SNSを通じてフォロワーに宣伝。するとすぐに注文が入り、クリスティアーノ・ロナウドやカイリー・ジェンナーなどの有名人が顧客リストに載るまでに、長くはかからなかった。

●「CLD13 Himaraya Edition」とは?

 今回発売されたCLD13 Himaraya Editionは、数あるiPhoneケースのなかで、もっとも高品質でハイエンドな製品である。

 中央のレザーは、ナイルワニの皮から作られており、モデル名の「Himaraya(ヒマラヤ)」という呼称は、革の起源ではなく、繊細な色のグラデーションを表しているという。

 ワニの皮を染色するプロセスは時間がかかり、雪のような白と、ロッキーグレーへのグラデーションを作成するには、優れたスキルと繊細な技術が必要となる。

 さらに、チタンとレザーの境界線にはスワロフスキークリスタルが敷き詰められており、よりラグジュアリーな製品に仕上げられている。

●「CLD13 Himaraya Edition」の特徴

・モデル名:CLD13 Himaraya Edition
・価格(消費税込):シルバー/27万5000円、ゴールド/31万9000円
・互換性:iPhone13 ProおよびiPhone13 Pro Max
・フロントベゼル:316L ステンレススチール
・ケース:チタン、18K Gold PVD、レザー、スワロフスキークリスタル

●ケースサイズ
・iPhone 13 Pro:W75mm×H150mm×D10mm
・iPhone 13 Pro Max:W82mm×H164mm×D10mm
・厚み:1mm
・重量:100グラムから120グラム
・耐水性:iPhoneの防水性に準ずる
・付属品:取扱説明書、ネジ、ドライバー