ビジネスでもプライベートな時間でも活躍するオーバーイヤーヘッドセット「JBL FREE WFH」がリリースされました。JBLは、ヘッドホンを含む高音質なオーディオ機器をラインナップするコアなファンの多いブランド。今回のヘッドセットもエントリーモデルといえ、実力はあなどれません!

JBLの技術が惜しみなく投入されたヘッドセット

 ハーマンインターナショナルが展開するJBLブランドから、口径約40mmのダイナミックドライバーを搭載し、深みのある低音とパワフルなJBLサウンドを実現したオーバーイヤーヘッドセット「JBL FREE WFH」がリリースされた。

 汎用性の高い3.5mm径ステレオミニジャックに対応する有線型で、着脱式マイクを備えるためプライベートはもちろんビジネスシーンでも活躍する。

 そんな「JBL FREE WFH」の特徴について、JBLの広報担当・石原さんは次のように語る。

「リモートワークが普及したいま、ビジネスシーンでヘッドホンの使用頻度が高まっています。『JBL FREE WFH』はエントリーモデルながらJBLの技術が惜しみなく投入されているため、音楽や動画視聴時にはJBLサウンドを堪能でき、さらにビジネスシーン、とくにリモート会議や通話時などは、ヘッドセットとしてストレスのないコミュニケーションを可能にします」

●着脱式マイクでオンライン会議も快適

「JBL FREE WFH」がビジネスシーンで有効なのは、最先端技術を採用した着脱式マイクを搭載しているため。このマイクには、ノイズキャンセリング機能と音声をクリアにピックアップするボイスフォーカス技術を採用しており、明瞭な音声通話を実現し、オンライン会議などでもスムーズなコミュニケーションを可能にする。

 また、ミュートモードへの切り替えも物理スイッチでおこなえるため、オンライン会議中でも確実にオン/オフを確認しやすいのだ。

 加えて、約220gという軽量設計に加え、軽量ポリウレタン製のメモリーフォームクッションを採用したイヤパッドによりフィット感も上々。軽量で丈夫なヘッドバンドと合わせてしっかりとした装着感を提供してくれるため、長時間の会議やセミナーなどでも集中できる。

 ワイヤレスヘッドホンが主流となりつつあるなか、充電不要でデバイスとの接続が容易な有線式というのもうれしいポイント。バッテリー残量を気にする必要はなく、ワイヤレス接続が不安定になる心配もいらない。

 ビジネスを含むあらゆるシーンで活躍する「JBL FREE WFH」は、リーズナブルなプライスタグも魅力的。価格にも音にもうるさいワガママなユーザーに、ぜひ試してほしいアイテムだ。

●製品仕様
・価格:3980円(消費税込)
・重量:約220g(ケーブル除く)
・周波数特性:20Hz-20kHz(ヘッドホン部)
・インピーダンス:32Ω(同)
・出力音圧レベル:96dB/mW(同)
・周波数特性:100Hz-10kHz(マイク部)
・指向性:全指向性(同)
・ケーブル長:1.2m