新型「レンジローバーSV」にふたつのテーマに沿った日本限定のファーストエディションが誕生しました。カラバリとエンジン別の車両価格をすべて紹介します。

「レンジローバーSV」のローンチエディションは60台限定

 新型「レンジローバー」のジャパンプレミアが2022年1月17日におこなわれ、日本導入モデルと車両価格が発表されたが、同日から特別仕様車「レンジローバーSVローンチエディション」の受注もスタートした。

 ベースとなる「レンジローバーSV」は、第5世代となる新型レンジローバーから新たに加わったモデルだ。

 日本独自で企画した特別仕様車レンジローバーSVローンチエディションは、60台限定となる。

 ジャガーおよびランドローバーのハイパフォーマンス・モデルの開発・製造やビスポークオーダーを請け負うスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が手掛けた、究極のラグジュアリーとパーソナライゼーションを追求した最上級モデルに仕上がっている。

「SV」専用のデザインディテールが内外装にちりばめられており、テールゲートには手作業で磨き上げたセラミックの「SVラウンデル」ロゴがセットされている。

●デザインテーマは2種類から選択可能

 デザインテーマは、「SV SERENITY(エスブイ セレニティ)」と「SV INTREPID(エスブイ イントレピッド)」の2種類が用意された。「SVセレニティ」が45台、「SVイントレピッド」が15台限定となる。

 まず、“静けさや落ち着き”を意味する「SVセレニティ」のボディカラーは、SVビスポークカラーの「アイシーホワイト」とメタリックペイントの「ヴァレジネブルー」となり、コリンシアンブロンズのアクセントが組み合わせられる。どちらもグロスフィニッシュとなる。

 インテリアカラーは、「キャラウェイ」と「ペルリーノ」のコントラストが美しいデュオトーンを採用。

 ボディタイプはスタンダードホイールベース(SWB)とロングホイールベース(LWB)の2種類から選択が可能だ。LWBにはファーストクラスのうような4人乗り仕様のSVシグネチャースイートが装備される。

 一方の「SVイントレピッド」のボディカラーは、すべてサテンフィニッシュの「サンライズカッパー」、「フラックスシルバー」、「リグリアンブラック」の3色のSVビスポークウルトラメタリックペイント(サテンフィニッシュ)となる。足元を飾るホイールには、ランドローバー初となる新デザインの23インチアロイホイールを採用。

 インテリアは、「ライトクラウド」に「シンダーグレイ」のサステナブル素材のUltrafabricを組み合わせ、高級感と環境への配慮を両立している。ボディタイプはSWBのみだ。

日本独自の「レンジローバーSVローンチエディション」の価格と台数は?

 日本独自に企画されたレンジローバーSVローンチエディションは60台の限定仕様だが、エンジンタイプやボディタイプ、ボディカラーなどでさらに細かく台数が分けられている。

 レンジローバーSVローンチエディションのテーマと搭載エンジン、ボディタイプ、カラー、台数、車両価格(消費税込)は次のとおりだ。

●SVセレニティ(合計45台)/内装はすべてキャラウェイ
・P510e(SWB)アイシーホワイト/3台:2792万9000円
・P530(SWB)アイシーホワイト/18台:2795万1000円
・P530(LWB)アイシーホワイト/10台:3323万6000円
・P510e(SWB)ヴァレジネブルー/2台:2675万1000円
・P530(SWB)ヴァレジネブルー/7台:2677万3000円
・P530(LWB)ヴァレジネブルー/5台:3222万3000円

●SVイントレピッド(合計15台)/内装はすべてシンダーグレイ
・P530(SWB)サンライズカッパー/5台:2773万5000円
・P530(SWB)フラックスシルバー/3台:2773万5000円
・P530(SWB)リグリアンブラック/7台:2760万8000円

デザインテーマは、「SVセレニティ」と「SVイントレピッド」の2種類が用意され、「SVセレニティ」が45台、「SVイントレピッド」が15台限定となる

 新型レンジローバーは、これまでの歴代モデルと異なり、フロントグリルやドアグリルサラウンドなどのカラーを選んで個性的に仕上げることが可能だ。今回のファーストエディションはそうした多彩なバリエーションの一端を見せてくれる特別仕様でもある。

 もっと個性的な組み合わせにしたいのならば、SVビスポークで自分好みの1台に仕上げてみるのもいいだろう。