コロナ禍において、移動手段として見直されたクルマですが、それはイベントでも同じです。人と接触することを極力避けることができるラリーイベントは、いまクルマ好きの間でも注目されています。

日本でもっとも歴史あるクラシックカー・ラリーのひとつ

 日本国内、ことに関東地方におけるクラシックカー・ラリー界の新しい年は、ここ数年「モーガンクラブ日本(MCN)」が主催する「MCNニューイヤーラリー」によって幕を開くのが通例となっているようだ。

 2022年も1月9日(日曜日)に開催されるということで、筆者も年始のごあいさつを兼ねて取材に伺うことにした。

●ワンメイククラブのラリーなのに、世界各国のクラシックカーが集結した理由とは?

 国産車・輸入車を問わず、日本では今やたくさんのクルマで、オーナーのためのワンメイククラブが林立するようになった。なかでも英国製スポーツカー「モーガン」は別格。1980年代から早くもオフィシャルのオーナーズクラブが結成され、以来約40年にわたって活発な活動を継続的におこなっているという。

 時代に応じてクラブの名称や形態は変化しながらも、現在の「モーガンクラブ日本」は、最初に発足したクラブ直系の組織であり、多くのメンバーが数十年にわたって在籍している。

 そしてその看板イベントである「MCNニューイヤーラリー」は、その名のとおり毎年1月の第一週ないしは第二週に開催され、今年2022年で32回目を迎えるという。これは現存する国内最古のクラシックカー・ラリーイベント「コッパ・ディ小海」に匹敵するほどに長い歴史を誇るとのことなのだ。

 ただし、このラリーにエントリーするクルマは、モーガンだけにはとどまらない。MCNメンバーは他ブランド・他国のクルマの愛好家たちとの交友関係も広い上に、メンバー自身も複数所有が多い。

 それゆえ、今回のニューイヤーラリーには56台が出走し、1955年式「プラス4」から2019年式「4/4」に至る十数台のモーガンがエントリーリストに名を連ねた一方で、モーガン以外のクラシックカーの参加車両もバラエティに富んでいた。

 たとえばいちばん年式が旧いのは、1941年型のキャデラック「60スペシャル」。ほかにも欧州車勢では、モーガンと同じ英国製のスポーツカーは1951年型ロータス「Mk6」を筆頭に、MGB/ミジェットやトライアンフ、ジャガーやジネッタなどが出走したほか、なぜか多いフィアット「ヌォーヴァ500」勢にアルファ ロメオ。ポルシェや国産クラシックカーの姿も見られた。

 また、この種のラリーイベントでは珍しいクライスラーのオープンカーやパトカー仕様のシボレー・カプリスなどのアメリカ車、さらにはクラシック・レンジローバーまで走るという「ごった煮」のようなラインナップには目をみはらされたが、これもMCNニューイヤーラリーでは恒例のことである。

 そしてこの日の朝もっとも注目を集めたのが、2023年春にアフリカで開催される予定の「イーストアフリカ・サファリラリー・クラシック(East Afirica Safari Rally Classic)」参戦に向けて先ごろレストアを終了し、この日がシェイクダウンテストとなった伊香保おもちゃと人形自動車博物館、横田正弘館長のダットサン「240Z」サファリラリー仕様レプリカだった。

 この日は朝から晴天に恵まれながら、スタート会場に設定された「ホテル日航成田」周辺の気温はスタート直前まで氷点下。そしてエントラントたちは「極寒がまん大会ラリー」とも自嘲しつつ、表情は精気あふれる満面の笑顔。愛車に積もった霜を取り去って、スタートに臨むことになったのだ。

スピードではなく正確さで競われる競技とは

「MCNニューイヤーラリー」は、指定区画をいかに正確なタイムで走るかを競う「レギュラリティラリー」である。加えてこのイベントを取り仕切るMCN事務局長の上野山聖基さんやその仲間たちは、公道を使用した走行イベントには造詣が深いことから、単なるラリーにとどまらない、楽しい趣向をいくつも用意していた。

1955年型モーガンを先頭に、スペシャルステージに向けて待機するエントリー車両たち

●バラエティに富む趣向を凝らした、ゲーム性の高いラリー

 その代表といえるのが、近年ではMCNニューイヤーラリーの名物となりつつある、「オートテスト」形式のスペシャルステージ(SS)である。

 日本には2010年代中盤から導入されたといわれるオートテストは、英国発祥のモータースポーツ。ほかのモータースポーツと比べて、走行時の速度が高くならないようにルールで規制されているため、車両の特殊装備や競技ライセンスはもちろん、ヘルメットやグローブも不要。乗ってきたマイカーで、そのまま出場できるのが特徴という。

 レースのように着順を競ったり、ジムカーナやラリーのように走行タイムの優劣を競ったりするのではなく、あくまで「運転の正確さ」を競う新しいモータースポーツ。パイロン(マーカー)で設定したコースを1台ずつ走り、パイロンに接触したり、コースを間違えたりするとペナルティが加算される。

 そして、減点がもっとも少なかった人が最高得点を獲得することから、特殊な運転技術やスピードを出すことよりも「丁寧さ」が要求されるSSなのだが、ホテル日航成田の駐車場に設定されたコンパクトなコースでは、小さくて機敏なヨーロッパ製スポーツカーたちはもちろん、本来ならハンディキャップを負うはずのアメリカ車ドライバーたちも、切り返しのパーキングを一発で決めつつ、次々とコースを攻略してゆく。

 そして一本目のSSを終えると、エントラントたちはゼッケン順に成田周辺の公道へとクルマを進めてゆく。

 一般道と東関東自動車道を併用する行程上では、大会事務局の作成したコマ図の指示に従って、すべて制限速度内にて走行。ルート数か所に設けたチェックポイント、いわゆる「C.O.」を通過して、その正確さを競う。

 また隠しスピードガン計測によって、走行速度を48km/hに近づけるスピード計測競技をおこなった上に、この種のタイムラリーではしばしばおこなわれる「買い物クイズ」は、コース上にある農産品直売所も兼ねたみやげ物店でのショッピングが対象課題となった。

 一般的には、指定された代金にもっとも近い価格の商品を購入した人から順にポイントをゲットというものが多いのだが、今回の隠し課題は「商品の長さ」。最終ゴール直前に設定された、この日2度目のSSのあとに隠し課題の内容が公表されると、エントラントたちからは「あの大根を買っておけばよかった」とか「そういえば、自然薯(じねんじょ)も売ってなかったっけ」などの声が上がり、会場は盛り上がりを見せていた。

 こうして32回目のMCNニューイヤーラリーは、事故やトラブルもなく無事終了。モーガンクラブ日本では8年後の第40回を目指して、これからも毎年1月に開催してゆくとのことである。