昔から漫画を描くことが好きなあらふじぺす( @rps0423_oekaki )さんは、X(旧Twitter) などを中心に漫画を公開している。2023年9月には「タイムパフォーマンスを極めた人の話」を投稿。主人公の男性がTIMESKIPというスマホのアプリを使い、無駄な時間をどんどんスキップして効率のよい人生を送るというエピソードだ。ユーモアのあるストーリーが魅力的な本作。誕生したきっかけや苦労された点などを紹介しようと思う。



■驚異のタイムスキップアプリ!?時間を操るアプリの驚くべき力とは

「タイムパフォーマンスを極めた人の話」は、スマホアプリ「TIMESKIP」を使って無駄な時間をスキップし、効率的な人生を送る主人公の男性を描いたユーモラスなエピソードだ。作品の着想は「世にも奇妙な物語」シリーズへの愛着から生まれた。現実に存在したら面白いが、その裏にある問題点も考慮した物語が多いという。

制作過程で特に苦労したのは後半のネタバラシ部分だ。あらふじぺすさんは「説明が多すぎると冗長になり、少なすぎると読者が理解しにくくなる。バランスを取るのが難しかった」と語る。しかし、読者からのコメントを見る限り、このバランスはうまく取れているようだ。

物語の主人公、大我は無駄な時間を徹底的に排除しようとするが、あらふじぺすさん自身は無駄な時間も人生にとって重要だと考えている。「つまらない映画を見て『つまらなかった』と感じる経験も大切。ネタバレだけで評価する大我とは考えが合わない」と話す。

あらふじぺすさんは今後も多くの読み切り作品を描く予定で、読者に楽しんでもらいたいと意気込んでいる。彼の作品は読後に考えさせられるものが多く、X(旧Twitter)などでも他の作品が投稿されているので、興味がある方はぜひチェックしてみてほしい。



取材協力:あらふじぺす(@rps0423_oekaki)