九州地方は徐々に梅雨らしくなってきて、しばらくは雨の日が続きそう。そんななか「遊びに行きたいのに、雨だと出かける場所がない…」と悩んでいる人も多いのでは?そこで、東北エリアで人気の「雨でも楽しめるスポットTOP10」を紹介!屋内や、屋根などがある施設が中心で、雨の日でも濡れる心配をせずに楽しめるところばかりだ。今年の梅雨はこのランキングを参考に、さまざまなところへ出かけてみよう!
※ランキングは、ウォーカープラスに掲載している紹介ページへのアクセス数(2023年4月1日〜2024年3月31日集計)をもとに決定。


■【第10位】ラウンドワンスタジアム 小倉店(スポッチャ)(福岡県北九州市)

北九州港の近く、北九州都市高速道路沿いにあり、巨大なボウリングのピンが目印の複合アミューズメント施設。館内には、ボウリングをはじめ、カラオケ、クレーンゲーム、アミューズメントコーナー、スポーツ&アミューズメント遊び放題のスポッチャと、遊びのアイテムが勢ぞろいする。大型LEDビジョンが導入されたボウリングでは、大迫力の映像を楽しみながらプレイできる。

スポッチャには、バッティングやフットサルなど定番のスポーツから、子どもが自由に遊べるキッズコーナーもあり、世代を超えて1日中楽しめる。JR小倉駅南口〜店舗間の無料シャトルバスも運行しているなど、アクセスのよさも魅力だ。



■【第9位】鹿児島市立科学館(鹿児島県鹿児島市)

火山やロケットなどをメインテーマに、自然界の法則や科学技術・宇宙について楽しく学べる科学館。1000万個の星を映し出すプラネタリウムや大型映写機によるドームシネマも人気だ。さまざまな実験ショーやかんたん工作が楽しめるサイエンスラボもある。



■【第8位】スペースLABO(北九州市科学館)のプラネタリウム(福岡県北九州市)

スペースLABOのプラネタリウムは内径30メートルで、西日本最大級のドーム。最新の技術で自然と同じ究極の星空を再現し、ゆとりある座席(250席)で鑑賞できる。隣のスペースラウンジは、プラネタリウムの投映までゆっくり過ごせる空間になっており、月の石やアポロ司令船などの貴重な資料を展示している。スペースLABOの常設展示室には、日本で最大の大型竜巻発生装置があり、竜巻のメカニズムをわかりやすく紹介している。また、触ったり動かしたりしながら科学のフシギを楽しめる展示が数多くある。



■【第7位】ベイサイドプレイス博多(福岡県福岡市)

博多ふ頭旅客ターミナルと一体化した複合商業施設。30種約3000匹の魚が泳ぐアクアリウム、新鮮な食材が並ぶ湾岸市場、温泉施設の「波葉の湯」、親子で楽しめる子育て応援施設「あそびたいけん!ミルキーウェイ」、九州の土産などをそろえた各ショップがある。



■【第6位】鳥栖プレミアム・アウトレット(佐賀県鳥栖市)

明るい陽射しが差し込むカリフォルニア州南部の美しい街並みをイメージした施設は、白壁にオレンジ色の屋根が映えてリゾート気分満点。カジュアルからラグジュアリー、スポーツ、アウトドアにいたるまで、国内外の著名ブランドのアウトレットショッピングが楽しめる。


■【第5位】海中水族館シードーナツ(熊本県上天草市)

西日本で唯一の、海に浮かぶ水族館。館内からは天草の海中をのぞくことができ、野生の魚たちが見られる。水槽では地元天草や世界中の生き物たちを約200種2000匹展示しており、一つひとつの水槽に手書きの解説が設置されている。



■【第4位】THE OUTLETS KITAKYUSHU(福岡県北九州市)

「Meet Amazing Emotion」をコンセプトに、学びをテーマとしたエンターテインメント施設のほか、ファッション、スポーツ、アウトドアのアウトレット店など、合計約170店舗から成る大型複合施設。なりたい自分をかなえるコトへのチャレンジや、特別なモノと出合うショッピングを演出する。オープンエアの環境を最大限に活かし、各ストリートはテーマに沿った植栽で彩られ、公園を散歩する感覚でショッピングが楽しめる。各ストリートの先には、フードトラックやカフェが併設されている。



■【第3位】福岡市科学館(福岡県福岡市)

2017年10月に開館した科学館。6階にある「ドームシアター」(プラネタリウム)は、光学式投映機とデジタル式投映機の2つの組み合わせで、光学式投映機は一般恒星数2万7000個、天の川恒星数は約38万個、デジタル式投映機は恒星数11万個以上と、自然に限りなく近い星空と臨場感あふれる映像を見ることができる。

5階の基本展示室では宇宙、環境、生活、生命、フューチャーの5つのテーマごとの体験型の展示や、さまざまなサイエンスショーも開催。4階には、科学に関連する雑誌や映像、連想検索システムで科学の知識を深められる「サイエンスナビ」や、幼児が遊べる「おやこひろば」もある。そのほか科学実験プログラムなども充実しており、子どもから大人まで楽しめる。



■【第2位】マリノアシティ福岡(福岡県福岡市)

海沿いに店舗を構える「マリノアシティ福岡」は、アウトレット棟IからIIIに加え、マリナサイド棟の大きく4つに分かれたエリアから成る。約160のショップを備えた福岡市内唯一のアウトレットモールだ。福岡の中心部から車で30分と交通アクセスもよく、ショッピングだけでなく、アミューズメント施設やイベント開催などもあり、幅広い年齢で楽しむことができる。マリノアシティ福岡のシンボルともいえる観覧車「スカイホイール」は天神や周囲の島々も一望できるほか、夜にはイルミネーションが点灯し、昼とはまたひと味違うロマンチックな景色が見られる。



■【第1位】BOSS E・ZO FUKUOKA(福岡県福岡市)

2020年にオープンした、「みずほPayPayドーム福岡」に隣接する複合エンターテインメント施設。日本初登場の絶景アトラクションから、日本初出店を含む多彩なグルメがズラリと並ぶフードホール、よしもとやHKT48の劇場まで、フロアごとにさまざまなエンターテインメントが365日楽しめる。




※イベントの開催情報、施設の営業時間、内容等が変更となっている場合がありますので、必ず事前にご確認のうえ、おでかけください。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。