中国地方の天気予報は徐々に雨マークが多くなってきて、いよいよ梅雨入りしそうな予感。そんななか「遊びに行きたいのに、雨だと出かける場所がない…」と悩んでいる人も多いのでは?そこで、東北エリアで人気の「雨でも楽しめるスポットTOP10」を紹介!屋内や、屋根などがある施設が中心で、雨の日でも濡れる心配をせずに楽しめるところばかりだ。今年の梅雨はこのランキングを参考に、さまざまなところへ出かけてみよう!
※ランキングは、ウォーカープラスに掲載している紹介ページへのアクセス数(2023年4月1日〜2024年3月31日集計)をもとに決定。


■【第10位】おもちゃ王国(岡山県玉野市)

岡山県にある、見て・触れて・体験できる「おもちゃ」のテーマパーク。雨の日でも遊べる室内には、トミカやプラレール、リカちゃんなど、子どもの年齢や興味に合わせて楽しめるパビリオンが満載だ。屋外ゾーンには、園内を見渡す大観覧車や、スピード感が気持ちいいゴーカートなど、約19種のアトラクションがある。



■【第9位】山口井筒屋(山口県山口市)

山口中央商店街に面し、JR山口駅からも近い山口市唯一の百貨店。ファッション雑貨や婦人・紳士・子ども服、リビングインテリア用品、食品など幅広くそろえている。5階の催場では週替わりでイベントや物産展などを開催。特に春と秋に実施する北海道物産展は、県下全域からファンが来店する。



■【第8位】イオンモール岡山(岡山県岡山市)

「わたしのみらいをつくるまち(haremachi)」をテーマに、2022年にリニューアルした。ファッション、ライフスタイル、ホビー、グルメ、シネマ、アミューズメントなど、バラエティ豊かな専門店が約300店舗集まった大型ショッピングモール。くらしのすべてがそろう場所だ。



■【第7位】天満屋 岡山本店(岡山県岡山市)

1829年に創業した長い歴史を持つ百貨店。バスステーションを併設しているため、各方面からのアクセスは良好だ。2022年1月には、5階の美術画廊が約30年ぶりにリニューアル。来廊せずとも美術品が鑑賞できるVRギャラリーをWEB上に展開している。また、岡山ロフトは2022年のロッツビル閉館に伴い、「天満屋 岡山店」へ移転オープン。旬の雑貨1万7000種類の品ぞろえだ。

「表町別館プレミアムリビングギャラリー」は、フリッツ・ハンセンなどの人気北欧家具ブランドを西日本最大規模で展示。また、「ザ・コートヤード表町」には天満屋ウォッチギャラリーが入っており、中国地方のデパート初のウォッチギャラリーとして最大面積を誇っている。ロレックス、カルティエ、ブレゲなど30以上の有名ブランドを取り扱う。



■【第6位】東広島市立美術館(広島県東広島市)

1979年に開館した、市立美術館として広島県内で最も古い歴史を持つ美術館で、2020年に東広島市の中心部である西条へ新築移転した。コレクションは「近現代版画」「現代陶芸」「郷土ゆかり」の作品を中心に、継続的な作品収集をしている。コレクション展示のほか、特別展では国内外の優れた美術作品を紹介する展覧会をはじめ、1982年から続く「現代絵本作家原画展」、郷土ゆかりの美術やテーマ展示による自主企画展などを開催。


■【第5位】福屋 広島駅前店(広島県広島市)

幅広い年齢層をターゲットにした品ぞろえでファミリー層に支持されている百貨店。特にアウトドアウェア売場が人気だ。レストラン街、フードコートには広島のグルメを存分に味わえるお店が多数そろっている。食品フロアやレストラン街のほか、病院やカープグッズ専門店など多彩なテナントが集まる。



■【第4位】ライフパーク倉敷科学センター(岡山県倉敷市)

楽しみながら科学を学べるスポット。科学展示室では子どもに人気のCGスクエアや貴重なH-IIロケット実物エンジンなど100点を展示する。座席数165席、直径21メートルのドームでは、その日の夜の星空を巡る「プラネタリウム」と、ドームスクリーンに大迫力の映像を映し出す「全天周映画」の2種類のプログラムを上演している。プログラムや映画の内容は定期的に変わるので、来館前に確認しておくのがおすすめだ。



■【第3位】THE OUTLETS HIROSHIMA(広島県広島市)

国内外の人気ブランドが集結した“本格アウトレット”を核に、“エンターテインメント”や“地域との出会い”をコンセプトにした地域創生型商業施設。2階のアウトレットフロアには、世界を代表するインポートブランドやスポーツブランド、セレクトショップ、中国地方初出店ブランドまで、選りすぐりのショップが集結。1階には、人気店からご当地グルメまで幅広いジャンルの飲食店舗を多数そろえているほか、映画館やボウリング、スケートリンクなど、屋内で遊ぶことが出来るエンターテインメント施設も充実している。



■【第2位】渋川マリン水族館(岡山県玉野市)

海をテーマに1953年に開館した博物館。日本各地の海洋生物約180種2000点を飼育展示している。イカナゴや、「ままかり」の名でおなじみの標準和名「サッパ」といった、瀬戸内海を代表する魚も見られる。これらを飼育している水族館は全国でも珍しい。



■【第1位】三井アウトレットパーク 倉敷(岡山県倉敷市)

レディス、メンズ、キッズファッション、スポーツ&アウトドアなど約110店舗が出店する、中国・四国地方最大級のアウトレットモール。国内外の有名メーカー&ブランドセレクトショップから、選りすぐりのアイテムをアウトレット価格で提供している。倉敷駅北口から徒歩約3分とアクセス良好で、観光と一緒にショッピングも楽しめる。




※イベントの開催情報、施設の営業時間、内容等が変更となっている場合がありますので、必ず事前にご確認のうえ、おでかけください。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。