早いところでは6月にも開催される花火大会。各地の花火大会の事務局では準備が進められている。今回は、北海道・札幌市の花火大会をピックアップ!開催情報・中止情報が入り次第、情報を更新していくので要チェックだ。
※本記事は2023年の情報も含まれております。2024年の情報に随時更新しております。

■道新・UHB花火大会/札幌市中央区
■2024年7月26日(金)19時40分〜20時30分
【※大会プログラムは過去の情報になります。開催予定の大会については詳細が決定次第、情報を更新します】札幌の短い夏を鮮やかに彩る都市型花火大会で、趣向を凝らした創作花火が色とりどりに夜空を彩る。大会のフィナーレを飾る、河畔を真昼のような明るさに照らし出すワイドスターマインは圧巻だ。


■第15回 ばんけい夏まつり 大花火大会/札幌市中央区
■2024年8月3日(土)19時45分頃〜20時15分(開場時間13時)
北海道札幌市中央区にある「さっぽろばんけいスキー場」で開催される花火大会。至近距離から間髪入れずに頭上に打ち上げられる花火は迫力満点だ。約7500発が30分にわたり花火を楽しめる。イベント広場には屋台やキッチンカーが集結し、芝生エリアでは敷物などを持ち込んで、好きな場所でくつろぐこともできる。完全有料制で入場にはチケットの購入が必須だ。詳細は公式サイトを参照。


■第32回北野ふれあい夏まつり・花火大会/札幌市清田区
■2024年7月20日(土)19時45分〜20時05分
【※大会プログラムは過去の情報になります。開催予定の大会については詳細が決定次第、情報を更新します】本大会は、北野地区町内会連合会が、同地区の憩いの場である厚別川の河川敷を会場に開催しており、夜に催される花火は本大会の名物だ。地域の町内会の力を結集した花火大会は一見の価値あり。祭りでは地域住民によるダンスなどのステージ発表や飲食の出店コーナーもあり、多くの人でにぎわう。


■TxT GARAGE(ティーバイティーガレージ)第12回真駒内花火大会/札幌市南区
■2024年7月6日(土)花火打上時間19時50分〜20時50分(開場時間17時)
北海道札幌市南区で開催される大規模な大会。花火、音楽、照明、炎をミックスした演出とともに打ち上げられる花火は、道内最大級の2万2000発。世界各地の音楽花火コンクールで活躍する「日本橋丸玉屋」と、全国花火競技会で内閣総理大臣賞を何度も受賞する「紅屋青木煙火店」が打ち上げを決行。真駒内花火大会でしか見られない貴重な演出と光のアートが楽しめる。




■北海道芸術花火2024/札幌市東区
■2024年9月7日(土)19時15分〜20時15分予定(開場時間16時)
札幌市のモエレ沼公園で開催される大規模な花火イベント。モエレ沼公園はイサム・ノグチが設計した公園で、美しい自然とアートが融合した場所。広大な公園の奥行や、「大地の彫刻」とも言われる起伏を活かし、ほかの花火大会では見られない立体的な3D展開を楽しめる。国内最高峰の花火師たちの玉を贅沢に組み合わせた、ノンストップの芸術花火プログラムに注目だ。


■職人工房たきの花火2024/札幌市南区
■2024年7月13日(土)19時45分〜20時15分(開場時間11時、イベント開始時間12時)
北海道札幌市郊外にある北日本最大の国営公園滝野すずらん丘陵公園の広大な土地をフィールドに、毎年開催される有料の花火大会。2024年は、例年以上に花火打ち上げ前のコンテンツがパワーアップ。昼は10代を対象としたビギナーズダンスコンテストやキッズDJ、誰でもDJ体験が楽しめるDJスクール、大抽選会、そのほか観客参加型のコンテンツが行われる。また、個性的な肉料理を楽しめる「北海道肉祭」と、厳選された稀少なクラフトビールがラインナップされる「HOKKAIDO CRAFT BEER FESTA」も同時開催。会場内には手ぶらで楽しめるバーベキューコーナーも用意され、さまざまな催しとおいしいグルメを楽しめる。そして夜には、広大な大自然の中で音楽にシンクロした花火が打ち上がり、花火のあとはそのままキャンプを楽しむこともできる。