日本テレビはこの夏、室町三井ホール&カンファレンスおよび 日本橋エリアで人類未体験の“ムーン”エンターテインメント「月面ワンダー 〜日本橋に月をつくってみた〜」を2024年7月20日(土)〜9月1日(日)まで開催。完全オリジナルドラマも楽しめる本格謎解きイベントを実施するほか、月面体験ができる「月面“ワンダー”フル空間」や実物大の月着陸船の展示を行う。

■超本格謎解き「月面生放送のピンチを救うンデス」

日本テレビお昼の人気番組「ヒルナンデス!」の出演者が月面都市で世界初の生放送に挑戦するも、思いがけないアクシデントが…! 「月面生放送のピンチを救うンデス」は、謎解きクリエイター松丸亮吾さん率いるリドラとのコラボで贈る超本格謎解きイベント。南原清隆さん、小峠英二さん、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)さんらが出演するオリジナルドラマを楽しみながら、日本橋の街を巡って本格謎解きに挑戦できる。クライマックスには大迫力の映像とともに楽しむ制限時間付きのミッションも。全ての謎を解き明かし、ヒルナンメンバーのピンチを救おう。

■月面体験ができる「月面“ワンダー”フル空間」

謎解きが終わったら、室町三井ホール&カンファレンスに設置された未来の月面を体験できる「月面“ワンダー”フル空間」へ。横幅23メートルの巨大スクリーン一面に広がる月面世界では、未来の月面世界や月からみた美しい地球など、全身で月の未来に思いをはせる没入体験ができる。フォトスポットもたくさんあるので、自らが月面や宇宙に来た感覚で撮影してみて。宇宙開発の未来がわかる貴重な展示もお楽しみに(JAXA展示品もあり)。

■実物大の月着陸船を展示

HAKUTO-Rはispaceが行う民間月面探査プログラムで、2023年には月面着陸(ミッション1)へ挑戦し、今冬には月面探査(ミッション2)を目指す。会場内ではそんな人類の月への挑戦を体感できるよう、実物大の月着陸船(レプリカ)を展示する。

■誰でも月面ミッションクルーになれる!?生成AIサービスをお披露目

月面ワンダーでは、KIBO宇宙放送局を運営するバスキュール社とコラボして、未来の自分を描く生成AIサービス「MIRAI PORTRAIT」を初お披露目。顔写真とコードネームを入力するだけで、宇宙飛行士ライセンスカードを発行してくれる。宇宙飛行士として月面ミッションを見事達成した未来のあなたがニュースに登場するかも?

ほかにも、種子島宇宙芸術祭とコラボした「宇宙ミュージアム」やここでしか手に入らないオリジナル宇宙グッズの販売など、楽しい企画が盛りだくさん。本イベントは2024年9月1日(日)まで開催しているので、子どもの夏休みの自由研究にもぴったりだ。

最後に本イベントのスペシャル・サポーターである宇宙飛行士・山崎直子さんからの応援メッセージを紹介する。

「地球にいながらにして宇宙を体験できる貴重なイベントです。『月面ワンダー』が参加される皆さんにとってワンダーフルなものになりますように!」

「月面ワンダー 〜日本橋に月をつくってみた〜」
会期:2024年7月20日(土)〜9月1日(日)
休館日:なし
会場:室町三井ホール&カンファレンス+日本橋エリア内
開館時間:10時〜19時
チケット料金
大人:3100円
高校生・中学生:2100円
小学生:1400円
未就学児(4歳以上):800円

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。