岐阜県東部に位置する中津川市は、馬籠宿をはじめとする歴史情緒あふれる街並みと豊かな自然で知られている。その中津川市に、地元民に愛されるご当地焼きそばがあるのをご存じだろうか。モッチモチの自家製麺を豪快に炒めて作る「塩焼きそば」で、親子3代食べにくる人もいるという一品だ。今回は、3密を回避しながら楽しめる1DAYドライブプランを紹介!

■チコリや中津川の名産品が揃う
「ちこり村」は、国産チコリの直売やチコリを使った商品の販売をはじめ、さまざまな体験ができる施設。レストラン「バーバーズダイニング」では現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ブッフェは休止し、季節の定食メニュー等を提供している。
※新型コロナ感染予防策として、マスク着用や手指のアルコール消毒の呼びかけ、施設内の換気などを実施している。また、施設見学やイベント等も休止している。ほか詳細は公式Webサイトを参照。

●ちこり村 / 住所:岐阜県中津川市千旦林1-15 / 電話:0573-62-1545 / 時間:8:30〜17:00 / 休み:年末年始

■ワンコインで満腹!中津川市民自慢の味
「ちこり村」から車で13分ほどの場所にあるのが、60年前に中華料理店として創業した「五十番」。先代が「安くてボリュームがあるものを」と考案した「塩焼きそば」(500円)が人気となり、訪れる人の大半が注文する看板商品に。鉄板ではなく、大きな中華鍋を使って強火で豪快に炒める。創業時からの製法を受け継いだ自家製麺は、モチモチしていて、食べ応え抜群だ。
普通盛りでも200g超とボリューム満点!卓上にある約10種類の調味料を加えて、味をアレンジしながら楽しもう。「カップスープ」(100円 2杯目無料)も合わせてどうぞ。現在、「塩焼きそば」(500円)はテイクアウトも可能だ。

※新型コロナ感染予防策として、スタッフのマスク着用やアルコール消毒の呼びかけ、次亜塩素酸水のミスト等を実施している。

●五十番 / 住所:岐阜県中津川市太田町2-2-10 / 電話:0573-66-5336 / 時間:10:30〜15:00、16:30〜19:00 / 休み:火曜

■日本最大級のピラミッドの中を冒険!
「五十番」から車で25分ほど走ると、到着するのが「ストーンミュージアム博石館」だ。鉱石や宝石をテーマにした体験型ミュージアムで、鉱物の産出地として有名な蛭川地域にある。蛭川産の御影石5500tを積み重ねて造られた、高さ15m、一辺23mのピラミッドの中は、全長350mの入り組んだ本格的な迷路になっている。「崩れたらどうしよう…」と想像すると、スリルも味わえる。宝石探し体験など遊べる要素がいっぱいで、最近は撮影目当てで訪れる人も多い。

※新型コロナ感染予防策として、マスク着用の呼びかけやアルコール消毒の設置、入館人数の制限などを実施している。ほか詳細は公式Webサイト参照。

●ストーンミュージアム博石館 / 住所:岐阜県中津川市蛭川5263-7 / 電話:0573-45-2110 / 時間:9:00〜17:00(入館 〜16:30) / 休み:なし / 料金:入館料 中学生以上1000円ほか

※2020年3月発売の「日帰りドライブWalker」より転載。連休時等で休業日や営業時間に変更の可能性がありますので、事前にご確認のうえ、おでかけください。また、新型コロナウイルス感染拡大予防策については、各店の公式Webサイト等の情報をもとにしています。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※(各店舗、施設とも)新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。