茨城県といえば日本一のメロン産地。なかでも鉾田市はアールスメロンの一大産地で、テレビなどでも話題になっている。現在、そんな鉾田産アールスメロンと都内の人気店がコラボした「HOKOTA MELON WEEK」が10月30日(金)まで開催されており、アールスメロンスイーツが各所で食べられる。

今も昔も人気が高く、フルーツの王様とされるメロン。鉾田市は日本一のメロン産地で、7月から10月ごろに旬を迎えるアールスメロンは、上品で芳醇な香り、甘くてジューシーな口当たり、そして表面にできた立体的な網目模様が特徴。

そんな “高級メロン”の代名詞としても知られるアールスメロンと、都内の人気カフェが期間限定でコラボを実施中。かき氷の人気店、三軒茶屋にある「和kitchen かんな」では、「メラメロン!炙りカマン」(税込1300円)を提供しSNSでも話題となっている。鉾田産アールスメロンを和三盆糖と合わせてピューレにし、カマンベール牛乳と一緒にソースに。かき氷のトップにはハチミツ漬けのメロン果肉と、マスカルポーネクリーム、とろけるカマンベールチーズがのっており、カマンベールチーズとメロンのハーモニーが楽しめる。

新宿伊勢丹にある「HATAKE CAFÉ 新宿伊勢丹店」で食べられるのは、「鉾田産アールスメロンのエクレア〜メロンのアソートと共に〜」(税込1600円、ドリンク付きは税込1680円)。メロンに見立てたエクレアやマカロン、フレッシュなメロンなどをワンプレートに盛り付け。メロンの多彩な魅力を味わうことができる。

駒沢の「adito(アヂト)」では2つのメニューを提供。「台湾ほこたメロン牛乳」(税込900円)は、ほうじ茶ゼリー&タピオカとメロンミルクを組み合わせたクセになるおいしさ。甘く、ふわっと香る新感覚のアジアンドリンクだ。もう1つは「まるごとほこたメロンかき氷」(税込1800円)。ほこたメロン半玉をまるっと使った贅沢かき氷で、自家製メロン蜜と練乳をたっぷり回しかけて、とろける果肉を削りながら食べる至福の一杯となっている。

「HOKOTA MELON WEEK」も残りわずか。旬のアールスメロンを食べ逃さないように、早めにチェックしよう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID−19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。