東京・新宿のヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」では11月13日(金)から12月25日(金)までサンタクロースの食卓をイメージしたクリスマス・ランチビュッフェを開催。目の前でシェフがカーヴィングサービスをする豪華肉料理をメインに、見た目も鮮やかな前菜やサラダ、ライスディッシュ、3種類のパフェなど多彩なメニューがラインナップ!ヒルトン東京の副総料理長・野瀬好進(のせ よしゆき)氏が率いるチームが腕を振るってくれる。

クリスマス・ランチビュッフェ「サンタクロースの食卓」(4200円、土・日・祝は4600円)では、前菜に、一つひとつグラスや小皿に盛り付けられた「スイートポテトとチェスナッツのハニーマスタードソース」、「パルマハム 胡桃とエンダイヴのレモンヴィネグレット」、「スモークダック オレンジ・キャロットラペ」など6種類が日替わりで登場。氷上にはホタテ貝やムール貝が並び、「ローストパンプキンリゾット」や「ジャンバラヤ」といったライスディッシュ、サラダも好きなだけ楽しめる。

さらに、ビュッフェの目玉となるメインディッシュは、ビーフサーロインをマッシュルームデュクセルとブリオッシュ生地で包み焼きし、トリュフソースを添えた「ビーフウェリントン」をはじめ、蜂蜜、バター、グラニュー糖、クローブで照りを付けながらローストしたジューシーな「ハニーベイクドハム」。180度で2時間かけて焼き上げ、表面はカリカリ、噛むほどに旨味が広がる「ローストターキー」。パイ生地とチキンやマッシュルームを濃厚なホワイトクリームソースで味わう「チキン ヴォル・オ・ヴァン」など充実の肉料理が勢ぞろい。

ほかにも軽くソテーし、クランベリーソースをのせた「フォアグラソテー」やクリスピーに仕上げた「メバルのパンフライ レモンケーパー&トマトソース」など、肉料理から魚料理まで目移りするメインディッシュを1皿ずつプレートでサービスしてくれる。

デザートにはシェフがその場で出来立てを用意する3種類のパフェが登場。断層が美しいこだわりパフェは、ブラウニー、コーヒーゼリー、ローストナッツ、モンブランクリームの「ブラウニー&ナッツパフェ」、カスタードクリーム、バニラホイップクリームに赤スグリや野いちご、ラズベリーで作るベリーコンポートがさわやかな味わいの「カスタード&ベリーパフェ」、チョコレートムース、生チョコレート、チョコクリスピーとマンゴーのハーモニーが絶妙の「チョコ・マンゴーパフェ」を堪能できるスイーツ好き必見の内容だ。

ヒルトン東京では11月13日(金)よりクリスマスデコレーションとイルミネーションが始まり、会場の「マーブルラウンジ」には6メートルのクリスマス・ジャンボツリーがお目見えする。クリスマスムード満点のラグジュアリーな空間で、ヒルトン東京のシェフが腕によりをかけた料理を心行くまで味わおう!

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となる場合があり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。