滋賀県守山市にある佐川美術館で「ムーミン75周年記念 ムーミンコミックス展」が2021年1月11日(祝)まで開催中。

フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの手によって生み出された「ムーミン」は、小説や絵本、コミック、アニメなどさまざまなかたちで親しまれている。とくに、イギリスの「イブニング・ニューズ」紙で1954年より20余年に亘り連載された「ムーミンコミックス」は、そのかわいらしいキャラクターとコミカルな内容で大ヒット。最盛期には40か国以上、120紙に転載されたほどで、全世界でのムーミン人気に火をつけた。

本展では、ムーミンキャラクターズ社が所蔵するムーミンコミックスの原画などの作品280余点を日本初公開し、現在も全世界で愛され続けているムーミンの原点を紹介。連載にあたりトーベが描いたキャラクター設定画やスケッチ、共同制作者の弟ラルス・ヤンセンが描いたコミックスの原画など、中にはフィンランドでも紹介されるのは珍しい作品も含まれるファン必見の内容だ。

また、ムーミンといえばさまざまなグッズがあるのも大きな魅力。本展でも展覧会場でしか買えないオリジナルグッズを用意。コミックスを題材としているため白黒ベースのシックでおしゃれなデザインが多く、老若男女問わずおすすめの多彩なグッズが取り揃えられている。

「ムーミン75周年記念 ムーミンコミックス展」に出かけて、全世界で愛され続けているムーミンの原点に迫ろう!

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止のため、休館日や営業時間を変更する場合があります。来館前にホームページをご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。