読者から寄せられる実体験をもとに、ホラーから感動作まで幅広い作品をInstagramやブログに投稿している漫画家のババレオさん。これまでウォーカープラスで紹介した際には、ユーザーから「ゾクゾク感がやばい」や「怖いけど、おもしろい!」といったコメントが多く寄せられ、大きな反響を呼んでいた。

そこで、ババレオ作品の魅力や創作秘話などを紹介する連載を2021年3月からスタート。今回は、ババレオさんイチオシ作品と共に、編集部員が「記事を編集した日は眠れないくらい怖かった」と話す珠玉のホラー作品をご紹介。恐怖を増幅させるババレオさんの解説と一緒に読めば、戦慄すること間違いなし!



■身に覚えのない呪いが降りかかる!「理不尽な呪い」
喫茶店で働く女性が、常連客だった女性の死に直面したことで、生死に関わるような恐怖が次々と巻き起こる。

「恨みを買った覚えもないのに、何故か不吉なことに遭遇してしまうところが怖いですよね。この作品をブログに投稿したところ、コメントに『常連客の女性も呪いによって亡くなってしまったのでは?』と考察しているものがあって、読者の方の想像力に驚きました」とババレオさん。呪いによって命が危険にさらされる描写が圧巻!

■キャンプ場にはご用心。「世にも奇妙なフォロワーさん(あいさん)」
霊感が強い女性が家族と訪れたキャンプ場で、不気味な存在に気付いてしまう…。ババレオさんいわく、「キャンプ場で恐ろしい体験をしたという投稿は、これまでにも数多く寄せられています。だからキャンプ場に立ち寄る際は、私も十分に気をつけています」という。

このキャンプ場で過去に何か悲しい出来事があったのか?それとも、母親自身に霊が取り憑いていたのか?想像するだけで怖くなる作品だ。

■本当に怖いので要注意。「鏡が割れたその日から不思議な事が起きました」
編集部員がおすすめしたい、ババレオ作品の真骨頂である究極のホラー作品。ババレオさん自身も、「読者の方をめちゃくちゃ怖がらせたい一心で、とにかくストーリー展開や作画に力を入れました」と話すほど。

実はこの作品、読者の方から投稿された時点では1つの物語ではなく、エピソードの羅列だったとか。それをババレオさんが1本のストーリーになるように、また恐怖をかき立てるように構成をまとめたそう。

どの作品も恐怖を感じさせるシーンの描き方が緻密で、次のページに行こうとするたびに息を吞む。次回は、どのような作品で読者の心を揺さぶってくれるのか?乞うご期待!


取材・文=橋本未来