堂本光一のソロツアー「KOICHI DOMOTO LIVE TOUR 2021 PLAYFUL」が2021年7月25日、神奈川県・横浜アリーナで開催された。自身の5thアルバム『PLAYFUL』を引っ提げ、国内では6年ぶり6度目のツアー開催となった。横浜公演最終日、25日13時公演の模様を紹介する。

■6年ぶりとなる待望のソロツアー
開演を待ちわび、赤いペンライトの光が揺れる客席に、重低音のバンドサウンドが鳴り響き、まばゆいライトを浴びステージ下から堂本光一が登場。

歓声代わりの大きな拍手に包まれる場内で、1曲目『INTERACTIONAL』をスモークけぶるなか、ダンサーを従え、しなやかなステップで魅せた。

さらにグラインドダンスから力強い群舞とともに『Bad Desire』を、艶やかな歌声で『妖 〜あやかし〜』と立て続けに披露したあとは、「皆さん、こんにちは!今日は楽しい1日にしましょう!」と呼びかけ『Danger Zone 〜to the unknown world〜』へ。

レーザーライトが交錯するなか、ハイテンポなステップを繰り広げるパワフルなダンスと歌声で場内を圧倒すると、「皆さん、こんにちは、堂本光一です。世の中まだ落ち着いていない感じですけれど、皆さんとこうして集まれたことは、本当に素晴らしいこと。今日という1日を素晴らしい時間にしたいと思っています。本日はどうか最後までよろしくお願いいたします」と挨拶し、怒涛のダンスステージから一転、星空のようなライトのもと『LOVE CRIES』を切々と歌い上げた。

■SQUARE ENIXとのコラボステージ!CGの堂本光一が登場
続いてスクリーンに映し出されたのは、ハイスピード剣劇『Ⅴ Short Movie』。人間と物の怪との争いを圧巻のCG技術で描く本作では、“影武者(狂王)と王”、ふたりの光一が共演。映像終わりには、そこから抜け出たような衣装で玉座にのぼる光一が登場!“城内”と化したステージに降り立つと、頭上に浮かぶいくつものシャンデリアが幻想的にゆらめくなか、全編英語詞の『V -Last Forever-』を披露。

最新アルバム『PLAYFUL』では、この『Ⅴ Short Movie』をはじめ、SQUARE ENIXがビジュアル面や収録曲『V』(インスト曲)の制作に参加。コンサートでもコラボレーションを行っており、提供曲である『V -Last Forever-』はCD未収録曲。そんなプレミアムなナンバーで“城内”の熱気を押し上げると、今度は最新アルバムナンバーを立て続けに歌い上げた。

印象的なギターサウンドから始まる『I Want Your Love』ではダンスを繰り広げ、さらに甘いセリフパートをささやくと、曲終わりには歓声代わりの大きな拍手がこだまする。『Foxy Dominator』では、細いレーザーが銀糸のように四角くステージを囲み幻想的な雰囲気を醸すも、『Animal』では一転してカラフルなライトのもとエネルギッシュなダンスとともに。変幻自在な光の演出と融合する音楽とダンスで自身の世界観を体現したあとは、MCタイムへ。

■SNSに挑戦!インスタ開設を発表!
MCでは「私にとって6年ぶりのソロツアー。どうもお待たせいたしました。本来であれば昨年やる予定だったのですけれど、世の中が世の中ということで、見送りをしました」と明かした光一。改めて「コンサートというものを待ち望んで、成功を祈って足を運んでいただいて。ありがとうございました」と感謝の言葉を。

前半に披露したナンバーに絡めてのトークも。「SQUARE ENIXさんとコラボをいたしまして、私のCGを作っていただいて。お気づきかと思いますが、現在皆さんがご覧になっている私はCGでございます」とジョークを口にした光一。

また、舞台『ナイツ・テイル』に向けてロングヘアをハーフアップにしているスタイルについて、「ロン毛本光一になっております。稽古もはじまります。コロナ禍ですが、忙しくさせていただいています。昔からジャニー(喜多川)さんに言われておりました。『ユー達の仕事は、人が休んでいる時に働いて、人が働いている時に働くんだよ!』と(笑)」。

続けて光一は、「去年の状況下から、エンターテインメントというのは時に無力かと思う時もありました。今も自分がステージに立てるというのは、エッセンシャルワーカーの方々、医療従事者の方々の支えがあるからこそ、自分も今安心してステージに立てていると思います。巡り巡っていろんな協力があって開催できているんだなと感じております」と、自身の想いを語る場面も見られた。

『I Want Your Love』のセリフパートについては、「ふざけようと思ったけれど、曲が台無しになっちゃうので真面目にやっています。…ああいうの好き?」と尋ねた光一に、観客席からは大好物といわんばかりの大きな拍手が。すると「簡単やのう(笑)。…私がやるとギャグにならない?中島健人くんとかがいうとカッコいいのですが」と後輩を例に、自分には照れがあると語る。

MCではうれしい発表もあった。8月12日(木)の福岡でのツアー最終公演をジャニーズネットオンラインで生配信することが発表された。生のコンサートという空間に思い入れがある光一にとって悩む部分もあったそうで、「どうしようかな?」と客席に問いかけると“是非実施を!”という大きな拍手が沸き起こり、「やりま…しょう!!」と配信実施を決意。

こんなやりとりをはじめ、コロナ禍ということもあり、声援は控え、着席・拍手のみというスタイルでの本公演。しかしながら、光一が水分補給する際には、自発的に観客が拍手でつなぐ…という温かいやりとりもあるアットホームな空間での開催となった。

さらにもうひとつ、堂本光一の公式Instagram開設の発表が。しかも公演中に場内の写真を撮って“初投稿”をリアルタイム更新。「どうやって写真撮るの(笑)!?」と何度もつぶやきながら、新たなフィールドでの活動を楽しんでいた光一。

MCの最後には、自身のライフワークであるミュージカル『Endless SHOCK』劇中ナンバーとしても親しまれている『追憶の雨』オリジナルバージョンを披露。舞台では自身は主メロディを歌っていないため「メロディをコンサートで歌ってみたら面白いかな?と。オリジナルの方が、歌詞が重いところもあるんだけど」と、思い立ったのだそう。そうして『追憶の雨』を全身全霊で歌い上げた。

■音を可視化させるかのようなダンスとライティング
MCの最後には、「今回のコンサート、短い時間にはなりますが、内容は密になっておりますので!最後までよろしくお願いいたします!」と呼びかけ、コンサートは後半戦へ。

ダウンタウンの路地裏のようなムード漂うステージで『Mutual』を軽快に魅せたあとは、一転してジャングルの映像から『Deep in your heart』を。同曲のMV映像が投射されるステージ上で、ブラックライトを浴びてダンスする光一が、過去と現在の時を超えて共演するかのようなパフォーマンスで魅了する。

これまでのソロツアーでも、音楽を可視化するようなダンスとライティングがコラボする印象的なステージを作り上げてきた光一。『Deep in your heart』『Fame』『absolute love』では、浮遊する無数のライトがさまざまな形へと幻想的に変化する“.image (ドットイメージ)”を駆使したステージングを。バラードナンバー『absolute love』では、“.image”が大きくうねり、まるで光一の背に生えた羽根が悠然とはばたくように動き瞬くなか歌い上げていた。

コンサートもラストスパート!ひとり力強く歌い上げる『Rewind』から、ダンサーとのショーステージのようなきらびやかな踊りとともに『Rewind』までアルバムナンバーを披露。圧巻のショーステージで場内を魅了したあとは、コンサート定番の『Slave Maker』を、「OK!皆さん!座ったままで!Hands up! Come on!」と、両腕をあげクラップとともに。

花火がステージを彩るなか、場内の一体感はますます盛り上がり、最後は『Time to go』を、ライトが交錯するステージで情感たっぷりに歌いあげた光一。 最後は「今日は皆さん、本当にありがとうございました!まだまだ落ち着かない世の中ですが、どうか皆さんひとつになって、この状況を乗り切れればと思っております」と語り、ダンサー、バンドメンバーに感謝を述べると、再び玉座に座り、高々と腕を上げたまま「サンキュー!」と告げステージを後にした。

MCでも語っていたように、世の状況を鑑み、アリーナツアーながら花道を作らず“ショーステージ”的な構成となった本公演。そのなかでも、光の演出と歌、ダンスが融合する堂本光一の集大成的なコンサートとなった。

北海道、愛知、そしてここ横浜と巡ってきたツアーは、この後、大阪、福岡とめぐり、5会場14公演まで完走する。