読者から寄せられる実体験をもとに、ホラーから感動作まで幅広い作品をInstagramやブログに投稿している漫画家のババレオさん(@babareo2)。これまでウォーカープラスで紹介した際には、ユーザーから恐怖するコメントが多く寄せられ、大きな反響を呼んだ。

今回は2021年に紹介した作品の中から、反響が大きかった人怖系ホラーをご紹介。ババレオさんに制作秘話を聞いた。


■誰にでも起こり得る恐怖!「誰かに狙われてた話」
誰もが遭遇しかねない、リアル過ぎる恐怖を描いたホラー作品。1人暮らしをしている人なら一度は感じてしまう「部屋の中に誰かがいるんじゃないか」という気配。その謎が明らかになったとき、さらなる恐ろしい出来事が襲う!

「一歩間違えれば事件化していたのではないかという、とても危険なお話です。このストーカー男については、投稿者さんに話を聞きながら自分の中でイメージを膨らませながら描きました。その結果、読者さんや妻からめちゃくちゃ気持ち悪がられましたね(笑)。

この男の目的は投稿者のあすかさんへのつきまといだと思っていたのですが、コメントをくれたフォロワーさんが『むしろあすかさんの友人が目的だったのでは?』と。あと、コメント欄には『警察ってそんなに適当?』というコメントがいくつかありましたが、僕も本当にそう思いました。もしかしたら実際はもっとちゃんとしたやりとりがあったのかもしれませんが、もしこれが本当の対応なら『隣人が間違って入ってきたで済ますなよ!』って思いますね」

人間の恐ろしさを描いた今回の作品。次回は、世にも不思議な心霊系ホラーを紹介する。お楽しみに!

取材・文=橋本未来