東京ミッドタウン(東京都港区)では、2022年2月28日(月)までの期間限定で「冬のごちそう、勢ぞろい」を開催中。ごちそう鍋やスパイス料理、チーズ料理など、各レストランから心も体も温まるとっておきの冬メニュー12品が登場。ここではメニューの一部を紹介!

■寒い日はとろ〜りチーズが食欲をそそる
予約困難な六本木のイタリアン「ノック」の2号店「KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA」からは、モッツァレラ、チェダー、グリュイエール、モントレジャックの4種のチーズをブレンドした「濃厚チーズブレンド『KNOCK'N CHEESE』のチョップドスパゲティ」が登場。さまざまなチーズの食感・味が楽しめる、チーズ好きにはたまらないひと皿だ。

モッツァレラチーズ専門のカフェテリア「OBICÀ MOZZARELLA BAR」では、イタリア・プーリア産ブラータチーズといちごの甘いカプレーゼ「プーリア産モッツァレラ"ブラータ"&イチゴ」がお目見え。濃厚でミルキーな味わいは、辛口のシャンパーニュと一緒に楽しみたい。

■スパイス料理で体の中からポカポカに
ラグジュアリーな空間でモダンインド料理を味わえる「NIRVANA New York」からは「ローガンジョシュ」という新カレーが登場。骨付きラム肉をターメリックやショウガなどで煮込んだ一品だ。チーズ入りナンに、スパイシーなマッシュルームを盛り付けたインド式ピザ「マッシュルームチーズクルチャ」も見逃せない。

本格広東料理の店「SILIN 火龍園」の「麻辣湯(マーラータン)」も冬にぴったり。八角や花椒が香る程良い辛さのスープに、柔らかな和牛すじ肉から出る旨みが加わり、滋味深い味わいに。太い春雨のもちもちの食感もやみつきになる。

■寒い季節の定番!ごちそう鍋&スープ
“禅”をテーマに、素材本来の味を引き出す新和食を提案する「HAL YAMASHITA 東京」。ここでは冬食材を贅沢に盛り込んだ「淡路島真鯛、蜜玉ねぎの雲丹鍋と握り寿司御膳」が堪能できる。淡路島の玉ネギ「密玉」や岩津ネギ、国産雲丹が溶け込んだ”だし”に、明石鯛をくぐらせていただく鍋はまさしく絶品。

イタリア料理店「BAROLO」の冬メニュー「厳選豚スペアリブの柔らか煮」は、イタリアで定番のスペアリブを香味野菜のスープでじっくりと煮込んだもの。スペアリブに旨みがたっぷりと染み込み、食べ応えのあるひと皿となっている。

■スペシャルな冬メニューにも注目!
ニつ星シェフ、フィリップ・ミルの名を冠する世界で唯一のレストラン「フィリップ・ミル 東京」でもとっておきの冬メニューを用意。前菜「帆立貝のタルタルとトリュフの香り マンダリンオレンジのアクセント」は、旬の帆立、トリュフ、マンダリンオレンジの個性が交じり合った味わいが楽しい至福のひと皿だ。

このほかにも東京ミッドタウンでは、この時期にしか味わえないとっておきのグルメがそろっている。ぜひ立ち寄ってみて!

※提供数、期間が限られるメニューもあるので、ご注意ください。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。