ザ・リッツ・カールトン大阪1階のイタリア料理店「スプレンディード」では「アフタヌーンブッフェ“クリスマスマーケット”」を2022年12月28日(水)まで開催中。今回はウォーカープラスの編集担当が、早くも人気のアフタヌーンブッフェを体験してきた。見た目も美しい全メニューをご紹介!

■20種のデザートと10種のセイヴォリーが食べ放題!
今年は2年8カ月ぶりに全メニューを、ブッフェスタイルで提供。一度にすべてのデザートを味わうことも、お気に入りのメニューに絞って好きなだけ堪能することもできる。20種のデザートと10種のセイヴォリーを眺めながら、「どれにしようかな〜?」と悩む時間もとても楽しい。

■豊富なチョコデザートにテンション上がる!
ブッフェ台にはチョコレートを使ったデザートがたくさん並んでいたので、チョコ好きの筆者は食べ比べてみることに。なかでも生地やクリームはもちろん、トッピングもチョコ尽くしのロールケーキに心を奪われた。

食べ比べて感じたことは、チョコレートの甘さやコクがデザートごとに違っていること。アフタフーンティーのスイーツはもちろん、宴会やグルメショップのスイーツなども監修しているファビアンさんに、チョコレートについて聞いてみると、ベースは3種類のブラックチョコレートだそう。そこに様々な種類のチョコレートを混ぜ合わせて、多彩な味わいを生み出すのだと教えてくれた。

ちなみにファビアンさんにのイチオシは、「チョコレートムース ラズベリーコンフィチュール」とのこと。

ほかにもクリスマスの定番「シュトーレン」や、ピスタチオを使った「マカロン」などのメニューが並ぶなか、筆者が特に好きだったのが「エッグノックのクリーム」。初めて味わったのだが、イギリスではクリスマスの定番として親しまれている伝統的なお菓子だとか。クリーミーな甘さの中にシナモンの香りが際立って、すぐにおかわりしてしまったほど美味しかった。

デザートだけでなくセイヴォリーのおいしさも、「スプレンディード」のアフタヌーンブッフェが人気の理由。カカオを練り込んだパンにクリーミーなアボカドとサラミをトッピングした「チョコレートブレッドのオープンサンド」に、お口直しにもピッタリな「ビーツのタルト」など、一流シェフのこだわりが光る逸品ばかり。

なかでも「チキンスープ」はシンプルな見た目からは想像できないほど鶏の旨味が濃厚で、一口目からその美味しさに驚いた。

一年中多くの人に親しまれているアフタヌーンブッフェだが、クリスマス時期は特に注目度が高く、土日の予約はすぐに埋まってしまう可能性も。気になる人は早めに予約を。

この時期のザ・リッツ・カールトン大阪は、クリスマスの装飾に彩られていつも以上に華やか。大切な人と特別な時間を過ごしてみては。

取材・文=石川知京(ウォーカープラス編集部)

■アフタヌーンブッフェ“クリスマスマーケット”
期間:開催中〜12月28日(水)
時間:平日14:30〜17:00(90分制/最終入店15:30)、土日祝14:30〜18:00(90分制/最終入店16:30)
価格:平日は大人6300円、子供3150円、土日祝は大人6500円、子供3250円(税・サービス料込、子供は6〜12歳、未就学児は無料)

※メニュー内容は仕入れ状況により変更する場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。