マリー・クワントの世界巡回展「マリー・クワント展」が開催中だ。期間は2022年11月26日(土)から2023年1月29日(日)まで。期間中、会場となるBunkamuraでは、映画「マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説」の上映、レストランでの特別コラボメニューの提供も行われている。

■マリー・クワントの革新的な世界に触れる
今回開催される「マリー・クワント展」は、ミニスカートで一世を風靡し、60年代のストリートカルチャーを牽引したイギリス出身のファッションデザイナー、マリー・クワントの業績をたどる展覧会。イギリスでは約40万人が訪れた人気の世界巡回展だ。

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)より巡回する多数のファッションアイテムを通して、彼女が作り出した革新的なデザインと、時代を切り開いた女性起業家としての歩みを紹介している。

マリー・クワント展
会場:Bunkamuraザ・ミュージアム
期間:2022年11月26日(土)〜2023年1月29日(日)
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
※状況により、会期・開館時間等が変更となる場合あり。
※休館日:2022年12月6日(火)、2023年1月1日(祝)
※本展は会期中すべての日程でオンラインによる事前予約が可能。
予約なしでも入場可能だが、混雑時には待つ場合あり。詳細は展覧会公式サイトにて。

■マリー・クワントのドキュメンタリー映画も上映
Bunkamuraル・シネマでは、展覧会に合わせて、マリー・クワントの知られざる素顔とデザインの秘密に迫るドキュメンタリー『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』も上映。

マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説
会場:Bunkamuraル・シネマ
2022年11月26日(土)よりロードショー
※休館日:2023年1月1日(祝)

世界のファッションを塗り替えた革命は、チェルシーの小さなショップから――
1960年代。ビートルズ、ツイッギー、ローリング・ストーンズとともに“スウィンギング・ロンドン”というムーヴメントを起こしたマリー・クワント。その知られざる素顔とデザインの秘密に迫る。

自分らしさを追求したマリー・クワントの功績が再評価される今、必見のファッション・ドキュメンタリーだ。

■どちらから巡ってもお得!半券キャンペーン
Bunkamuraでは、今回のマリー・クワントの展覧会と映画の半券キャンペーンを展開予定。映画のチケット半券を持っていて展覧会を鑑賞する場合には、先着で本展オリジナルステッカー(非売品)をプレゼント(※なくなり次第終了)。または、展覧会のチケット半券の提示で、映画が当日一般料金より200円引きで鑑賞できる(※QRチケット可)。

■おしゃれなコラボメニューも登場!
「マリー・クワント」をさらに楽しめる特別コラボレーションメニューは4種類。各メニューともに、「マリー・クワント」の展覧会および映画のチケット、QRチケット提示で割引が受けられる。

「マリー・クワント展」タイアップメニュー
提供期間:2022年11月26日(土)〜2023年1月29日(日)
※休店日:2023年1月1日(祝)

ドゥ マゴ パリ(Bunkamura B1F&1F)
「モダンショコラ」単品1700円、Drink Set2150円

「マーブルラテ」HOT・ICE各1200円

ロビーラウンジ
「スコッチエッグとフィッシュ&チップス」2200円

「チャコールモカ」1200円

この冬はBunkamuraで、マリー・クワントの魅力にどっぷりと浸ろう♪

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID−19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう