神秘的な“自然の洞窟”を探検!福岡・北九州エリアのおでかけスポット5選

神秘的な“自然の洞窟”を探検!福岡・北九州エリアのおでかけスポット5選

おでかけ気分の上がる夏がやってくる!今回は、カルスト台地ならではの光景が特徴の平尾台へ。地底に広がる鍾乳洞は、約16℃と年間を通じて温度が一定で、夏でもひんやり快適だ。童心に戻って探検したあとは、定番スポットや穴場で涼を感じよう。

■ “天然のエアコン”で涼みながら太古の世界をアドベンチャー!「千仏鍾乳洞」

全長が数千mに達するといわれ、900m地点までは照明を設置。かろうじて通れるほどの幅しかない“奥の細道”や水温約14℃の川の中を進むなど、随所で冒険心がくすぐられる。国の天然記念物に指定。

[千仏鍾乳洞(せんぶつしょうにゅうどう)] 北九州市小倉南区平尾台3-2-1 / 093-451-0368 / 9:00〜17:00、土曜・日曜・祝日〜18:00 / 無休 / 大人800円、高校生600円、中学生500円、小学生400円、未就学児無料 / 予約不要 ※ハーフパンツ要持参 、サンダルのレンタル(無料)は数に限りあり

■ 大自然に囲まれた山小屋で本格手打ちそばを堪能「平尾台蕎麦処 えん」

10年にそば愛好家4人が集まってスタート。現在は、そのうちの1人である山縣(やまがた)さんが店を切り盛りする。「天ぷらそば」(1300円)など風味豊かな十割そばは、細めで喉越し抜群。12:00〜13:00は、待ち時間が発生する場合あり。

[平尾台蕎麦処 えん] 北九州市小倉南区平尾台2-8-7 / 093-452-0354 / 11:00〜15:00※売り切れ次第終了、営業は4月の第1日曜日〜11月の第2日曜の日曜のみ

■ 鍾乳洞を探検したあとは名物のまんじゅうでひと休み「せんぶつ茶屋」

千仏鍾乳洞の入口にあり、入洞前後の休憩に最適。名物の「カルストまんじゅう」(100円、10個以上は1個90円)は、ふわふわの生地の中にサツマイモのあんがたっぷり。軽食も評判で、9月までの限定で「ソーメン」(500円)が登場。

[せんぶつ茶屋] 北九州市小倉南区平尾台3-2-1 / 093-451-0368 / 9:00〜17:00(LO16:00)、土曜・日曜・祝日〜18:00(LO17:00) / 無休

■ 開いていたらラッキーな超穴場!自然派ドリンクで元気を補給「ひつじcafé」

静かな山道沿いにたたずむ穴場スポット。15種類のスパイスをブレンドしたカレー(1200円)と、旬の食材で作る「シロップソーダ」(650円)が名物だ。営業は月に1、2度だけで、決まり次第SNSで告知される。

[ひつじcafé] 北九州市小倉南区平尾台2-1-20 / 093-982-4419(Hug平尾台プロジェクト) / 11:30〜14:30(LO)※営業は月に1、2度の不定期

■ 目の前に広がる雄大な自然 !遊んで学んで夏の思い出作り「平尾台自然の郷」

広い園内で、草ソリをはじめ工作、キャンプなどを楽しめる体験型公園。夏はブルーベリー摘み取り体験(7月6日(土) 〜9月1日(日)の木曜〜日曜)、ペルセウス座流星群観賞会(8月12日(祝)19:00〜22:00)など、楽しみがいっぱい。

[平尾台自然の郷] 北九州市小倉南区平尾台1-1-1 / 093-452-2715 / 9:00〜17:00(3〜11月)、7月20日(土) 〜8月25日(日) の土曜・日曜・祝日・お盆は〜18:00 / 火曜休み / 入園無料 (九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)


関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

福岡 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索