<ラーメンWalker九州初掲載> 涙が出るほど旨い“感涙らぁめん” 福岡県大野城市・幸心堂編

<ラーメンWalker九州初掲載> 涙が出るほど旨い“感涙らぁめん” 福岡県大野城市・幸心堂編

数千軒にも及ぶ取材を敢行してきた「ラーメンWalker九州」だが、こと、ラーメン大国・九州においては掲載したことのない名店がまだまだたくさん眠っている。ラーメンを愛してやまない“有識者・エリア百麺人”が、涙が出るほど旨いと豪語するとっておきの一軒を紹介する。今回は福岡県大野城市にある「幸心堂」。

■ 次男の“麺愛”が家族の未来を変えた

住みやすい街として、ファミリー層を多く抱える大野城市。そこで店を営む「幸心堂」の店内に入ると、直径60cm以上もある巨大な“スープケトル”が目に飛び込んでくる。約50㎏の豚頭、ゲンコツ、ロース骨から旨味を搾り出し、ハンドルを回し傾けると効率よくスープが取り出せる優れた代物だ。実はこれ、大将・藤野亮一さんが修業した「博多一風堂」から譲り受けたもの。同店での14年間の修業を経て、「“街のラーメン屋”になりたい」と、2011年に自身の店を開いた。

オープン当時は別の仕事をしていた兄をはじめ、両親も、亮一さんの“本気”に魅せられ、店を手伝うように。そうして藤野さんファミリーが迎える、アットホームな一軒となった。

名店譲りのラーメンは、シンプルながら豚骨の濃厚なコクが特徴。定番の「博多豚骨」のほか、鹿児島県産の醤油の甘味を効かせた「豚骨醤油」、揚げたホタテの油の旨味とアオサの香りを立たせた「塩豚骨」の3種がある。「幅広い世代の人が、また食べたい!と思うような一杯を作り続けます」。家族の支えを得た藤野さんは、無敵だ。

■ 「幸心堂」の基本情報をチェック!

熱伝導にも優れたスープケトルを導入することで、臭みがなくマイルドな味になる“博多豚骨”。周辺は、大型商業施設が点在するエリアで、買物帰りの家族連れも多い。

[幸心堂]福岡県大野城市若草1-4-4 / 092-595-0242 / 11:00〜15:00、17:00〜21:00(LO20:45) / 水曜休み(祝日の場合営業)

【料金の表記について】当記事に掲載している価格は、2019年9月時点の消費税8%込みのものです。消費税率の改定や店舗などの都合により、各種料金が変更されている場合があります。(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)


関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

あわせて読む

九州/沖縄の主要なニュース

福岡 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る