国内最高級といわれる丹波くり使用も!京都のカフェで味わえる“しぼりたてモンブラン”3選

国内最高級といわれる丹波くり使用も!京都のカフェで味わえる“しぼりたてモンブラン”3選

秋はカフェで味わうしぼりたてモンブランが大豊作!栗やクリームにこだわる逸品が続々登場。なかでも編集部が注目する京都のしぼりたてモンブランをご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2019年22号)より>

■ 「紗織-さをり-」丹波くり&和栗専門カフェのわずか1mmのふわふわモンブラン!

丹波産をはじめとした和栗のよさを、スイーツを通して伝える専門店。絹織物のように一本一本紡ぎ出された丹波くりを重ねて作られるモンブランや季節の果物を取り入れた和栗100%のメニューに合わせて、栗の風味を引き立てるペアリングドリンクも用意する。

注文が入ってから作る、絞りたてのモンブラン。栗本来のきめ細かでまろやかな味わいを引き立てるため砂糖を極限まで控えている。

口溶けと舌触りのいい生クリームやサクサクのメレンゲなどが栗の風味を際立たせる。

ソファー席もある店内では、カウンター奥に鴨川が一面に広がる開放的な光景が見られる。

■紗織-さをり-<住所:京都市下京区和泉屋町170-1 電話:075-365-5559 時間:10:00〜18:00(LO17:30) 休み:不定休 駐車場:なし アクセス:阪急京都河原町駅より徒歩5分>

■ 「HISAYA CAFE」焼栗店が手がける丹波栗モンブランのプレミアムな逸品!

焼栗専門店の「比沙家」が手がけるモンブランの専門店。目の前で作られるモンブランは丹波栗を使った豪華なクリームがたっぷり。中には抹茶のアイスやパリパリ食感の焼麺「カダイフ」を入れるなど歯応えや風味まで緻密に計算された絶品デザートだ。

モンブランクリームは3層にわたりボリューム満点。カダイフのパリッとした歯応えや抹茶の苦味がひとさじごとに感じられ飽きさせない。

さらにたっぷりと焼栗を削りかける。

■HISAYA CAFE<住所:京都市東山区清水2-255 電話:なし 時間:10:00〜18:00(LO17:00) ※なくなり次第終了 休み:不定休 駐車場:なし アクセス:京阪祇園四条駅より徒歩20分、または四条京阪前より市バス207系統で約5分、清水道から徒歩13分>

■ 「マールブランシュ 八条口店」5種の洋菓子薬味で味変できるモンブランミルフィユ

モンブランスイーツを目の前で仕上げるライブカフェスペースが登場。サクサクのパイにミルクアイスとマロンクリームを重ねた「モンブランミルフィユ」がこのカフェの主役。マロンクリームの量が多め、少なめ、普通から選べるというカスタマイズ感もうれしい。

ラム酒が香るクリームは人気ケーキ「モンブラン」と同じものを使用。

■マールブランシュ 八条口店<住所:京都市下京区東塩小路釜殿町31-1 京都駅近鉄名店街みやこみち内 電話:075-661-3808 時間:9:00〜21:00(LO20:30) 休み:なし 駐車場:なし アクセス:JR京都駅と直結>(関西ウォーカー・編集部)


関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

あわせて読む

関西の主要なニュース

京都 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る