キットカットショコラトリー銀座本店では、12月25日(水)まで「折り鶴で、想いを伝えるクリスマス」を実施中。

開催期間中「キットカット ショコラトリー」銀座本店の店内では、クリスマスローズをモチーフにしたペーパーツリーを設置し、天井・窓などもペーパークラフトで装飾。開催期間中に銀座本店を訪れた人には、キットカットの紙パッケージで作った折り鶴に大切な相手へ伝えたいメッセージを書いてもらい、その折り鶴を店内のツリーや天井に飾っていく。

9月からプラスチックごみの課題解決に向けた取り組みを加速するため、世界で最もキットカットを販売している日本で紙パッケージの導入を開始したネスレ。この機会に日本伝統の想いや願いを伝える象徴の折り鶴などを作って、大切な人に想いを伝える新しいコミュニケーションを提案している。

また、キットカットの新TVCMに出演するノッポさん(高見 のっぽさん)がメッセージを書いた折り鶴も店内に飾る予定だ。銀座本店と同様「キットカット ショコラトリー」伊丹空港店、新宿高島屋店、ラゾーナ川崎店、そごう広島店の4店でも11月16日(土)より、ミニチュア版のペーパーツリーを店頭に設置し、ノッポさんがメッセージを書いた折り鶴を装飾。

イベントで設置するクリスマスツリー・装飾物などで使用する紙は、イベント終了後には全てリサイクルされ「キットカット ショコラトリー」店舗で配布する記念品になる予定。イベントに参加して大切な人への想いを折り鶴で伝えてみては。(東京ウォーカー(全国版)・篠田)