キャンプとひと口に言っても、いろいろな方法がある。フィールドは山間や海辺など自然豊かな屋外が基本だが、テントだけではなく設備が充実したコテージやバンガローに宿泊するのもキャンプのひとつ。
テントなどレンタル品が充実し、道具要らずで楽しめるキャンプ場も増えており、“キャンプ=特別な道具が必要”ということもない。自由に、よりカジュアルに楽しむことができるようになった昨今のキャンプ事情をみていこう。

■レジャーキャンプの王道、オートキャンプ
もともとは車を使ったキャンプのことを指す言葉だが、現在は「テントを張る場所まで自動車を乗り入れられる」という意味で捉えられることがほとんど。
オートキャンプの一番の魅力はテントに車を横付けできるので、荷物の搬入・搬出の手間が少ない上、必要に応じて車から荷物を取り出すことができる点。さらに、急な悪天候に見舞われた際、車にすぐに避難できるのもポイントだ。
一方で車をテント設営場所まで乗り入れできないキャンプ場もあるので、利用する前にホームページなどで確認するようにしよう。

■テント泊だけがキャンプじゃない!バンガロー・ロッジ・コテージで快適キャンプ
キャンプ場によってはバンガローやロッジ、コテージを備えている施設もあり、それらに宿泊するのもキャンプの楽しみ方の一つだ。バンガロー、ロッジ、コテージにはそれぞれ特徴がある。

■まずは日帰りのデイキャンプから始めるのもおすすめ
アウトドアを手軽に楽しみたい人は日帰りのデイキャンプも一手。宿泊しない分、寝具などを持参する必要がなく、荷物は最低限でOK。もちろん通常のキャンプ同様、テントやタープを設営し、屋外でより快適な空間を作るのも楽しいもので、日帰りながらキャンプ気分を楽しむことができる。普段自宅ではなかなかできないBBQなどを楽しみたい人にもおすすめのレジャーだ。

■ラグジュアリーにキャンプ気分を楽しむグランピング
ここ数年で一躍話題になり、新たな施設も続々と増えているのがグランピング。魅力的な、華やかなといった意味を持つ「Glamorous」と、「Camping」を組み合わせた造語で、直訳すると魅力的なキャンプという意味。キャンプに必要な道具一式、食材などを施設側で用意してくれるほか、ベッドやソファなど快適な居住空間を完備している。つまり、テント泊においてキャンプ初心者が不便、難しいと感じる点をサポートしてくれるというわけだ。ホテルに併設しているケースも多いが、宿泊する場所がテントやトレーラーハウスというだけで、気分は完全にアウトドア♪焚き火やBBQなど屋外ならではの楽しみを、ホテルに宿泊する気軽さで楽しんでみよう。

■もはや出かけない!おうちキャンプでリフレッシュ
新型コロナウイルスによる外出自粛を機に、話題になったおうちキャンプ。自宅でキャンプ料理を楽しんだり、庭やベランダでキャンプ道具を使うことで、自宅にいながら日常と違う時間を過ごせるのが魅力だ。キャンプをこれから始めたい人は、まずは自宅でも使える道具を購入してみて、おうちキャンプで活用してみるのもいい。キャンプ道具は災害時など緊急用に使えるものも多いので、そういった場合のシミュレーションにもなるはず。