結婚や転職、子供の就学などライフステージが変わることの多い30〜40代。現在の生活だけではなく、将来に向けて蓄財や投資などの資産運用を考え出すという人も多いはず。とはいえ、一口に資産運用と言っても、定番と言える株式投資をはじめ、元本確保型の運用も選べるiDeCoや、FXや先物取引などハイリスク・ハイリターンな金融商品まで千差万別。そこで今回は、ウォーカープラスの30〜40代読者を対象に、「興味のある資産運用」と「実際にしている資産運用」についてアンケートを実施。投資に対するリアルな事情を調査した。(調査期間:8月11日〜22日 有効回答者数943人)

■興味のある資産運用の筆頭は「NISA」、ハイリスクな金融商品は少数派
興味を持っている資産運用についての質問(複数回答可)では、61%の人が「興味がない」以外の項目を回答。6割以上が資産運用に興味を持っている中、もっとも多くの回答が寄せられたのが「NISA・つみたてNISA」(34.0%)だ。

NISA(少額投資非課税制度)は、一定の制限のもと、投資で得た利益が非課税になる制度。実際に運用する金融商品は株式や投資信託、不動産投資などから選ぶということもあり、少額から資産運用をはじめる人には親和性の高い制度と言える。



次に多かったのは「株式(国内)」(32.2%)で、「株式(海外)」(13.3%)に比べても人気を集めた。3位は専門の資金運用会社が投資家の代わりに株式や債権に投資する「投資信託」(19.7%)、4位は毎月一定金額の掛金を積み立て、自分で金融商品を選んで掛金を運用する「iDeCo」(18.7%)。株式を除けば、上位はいずれも少額・初心者でも比較的はじめやすいといった特徴を持った商品・制度が選ばれている。一方、「仮想通貨」(5.0%)、「FX」(5.6%)、「先物商品」(0.7%)といったリスクも大きいと言われる金融商品についてはいずれも興味を持っている人は少数だった。

■30〜40代の資産運用、はじめている人は4割弱
それでは、現在の資産運用についてはどうだろうか。「実際にしている資産運用はなんですか?」(複数回答可)と訊いたところ、「していない」と回答したのは62.6%。すでに資産運用を行っている人は全体の4割弱に留まり、興味はあってもまだスタートには至っていない層が一定数存在するようだ。



運用している金融商品で回答がもっとも多かったのは「株式(国内)」(19.9%)で、「NISA・つみたてNISA」(15.7%)と逆転。このギャップは、NISAが2014年にスタートしたまだ新しい制度であることが影響していると考えられる。

3位は「投資信託」(12.1%)で、4位の「iDeCo」は7.0%と、興味を持っている人に比べると実際に運用している人は少ない結果に。全体の傾向としては、やはりハイリスクな金融商品を運用しているという人は少ない印象だ。

また、男女別のデータでも分析。男性では29.1%の人が「株式(国内)」を運用していると回答した一方、女性は15.0%。実際に運用している人の割合も男性45.9% 女性32.8%と男性の方がやや積極的という結果になった。