コロナ禍で高まるペットブーム。そのブームを受け、パナソニックは「ペットに関する実態」を調査。すると、ペットオーナーの半数以上が「ペット由来のアレル物質」を認知しているものの、8割が「積極的な対策をしていない」ということが判明した。

今回の調査では、「今後のペット飼育意向」(20〜60代男女1万人が対象)についてと、「ペットを飼っていて感じる障壁」(イヌまたはネコを飼っている全国20〜60代のペットオーナー500人が対象)について質問。まずは、ペットオーナー500人に「新型コロナウイルス感染症発生以降のペットの飼育数」を聞くと、17.0%が「コロナ禍がきっかけでペットを飼い始めたり、飼う数を増やした」と回答した。

また、全国1万人を対象に「今後、イヌやネコを飼いたいか?」と聞くと、26.7%が「今は飼っていないが条件が整えば飼いたい」と答え、2.2%が「今は飼っていないが、すぐにでも飼いたい」と回答。合わせると、約3割にあたる28.9%(2890人)が、イヌやネコのペットを飼いたいと望んでいることが分かった。

しかし、飼いたいと望んでいるのに、現状「飼っていない」という2890人にその理由を聞くと、「金銭面での負担が大きそう」(32.4%)、「住環境の問題」(31.6%)といった回答が上位に。さらに、「お別れの日が心配」(25.9%)、「抜け毛が多そう」(20.4%)、「部屋のニオイ」(18.1%)という声が上がり、ペットと暮らす上で生じる事象に不安を感じている人が多いことも分かった。

続けて、ペットオーナー500人を対象に、「ペットを飼う上での悩み」について聞くと、約6割が何らかの悩みを抱えていることが判明。その内容としては、「抜け毛」(27.4%)や「部屋のニオイ」(23.6%)が多く挙げられた。

そんなペットオーナーたちに、「ペットのダニや毛に悩まされた経験」を聞くと、約3割が「時々ある」、約1割が「頻繁にある」と答え、「ペットのダニや毛で部屋の空気が気になった経験」についても聞くと、約3割が「時々ある」、約1割「頻繁にある」と回答。ペットによるダニや毛、そこから発生するニオイや浮遊物などで、室内の空気環境に悩まされているペットオーナーは少なくないようだった。

そこで、「空気が気になる」と答えたペットオーナーに「対処できているか」と聞くと、65.3%が「NO」。半数以上が「ペット由来のアレル物質」についても認知していたが、約8割が、これに対し「積極的な対策をしていない」と答えた。ちなみに、「積極的な対策をしない理由」については、「不快な症状が出ていないから」(48.7%)という回答が多かったものの、4人に1人は「効果的な方法がわからない」と答えている。

こうした調査結果が出てきたなか、パナソニックが研究に取り組むナノサイズの微粒子イオン「帯電微粒子水(ナノイーX)」は、「ペット由来のアレル物質の分解」や「ペット臭の脱臭」に効果があることも明らかになっている。放出させると、部屋の隅々まで行きわたって、カビや花粉、菌・ウイルスなど“目に見えない空気の汚れ”を抑え、ダニアレルやネコアレルも99%抑制することが確認されているのだ。

さらに、「帯電微粒子水(ナノイーX)」は、繊維の奥まで入り込み、ペットのニオイを脱臭する機能も。「ますだ動物クリニック」院長で獣医師の増田国充先生へのインタビューでは、「ペットを飼うことは、ペットの一生に責任を負うこと。人とペットとが快適に健やかに暮らすための基盤として、住環境や空気環境を整えていただきたいですね」とのコメントが届けられたが、その住環境や空気環境を整えるために、こまめな換気や掃除は必須。ナノイーXを採用した空気清浄機などへも注目が高まっていきそうだ。