もしも「透視」をすることができたら、どんなことに活用しようと思うだろう。そんな透視能力を持つ女の子を描いた漫画が1月21日に公開され、Twitterで話題となっている。

この漫画を公開したのは、「想定外」「予測不能」なショートホラー漫画をSNSに投稿して話題を集め、Twitterに10.4万人以上ものフォロワーがいる漫画家・誰でもない(単行本発売中ダレ♂)(@daredemonaidare)さん。緻密な人物描写と伏線を効かせたストーリーが特長で、記事が公開されたあとはユーザーたちの“感想合戦”で盛り上がるのがお約束となっている。


今回公開されたのは『トウシ』と題された漫画。大寒波の中を歩く女の子は透視能力を持っており、その力を使ってとある家を「透視」している。目線の先には好みのタイプの男の子がいるのだが、どうやら風呂に入ろうとしているらしい。突然訪れた“着替えタイム”に、透視中の女の子は興奮を隠せないようだ。

女の子が透視を楽しんだ日から数日後、透視の舞台となった三丁目では、「凍死事件」が起きたとの噂が流れている。どうやら亡くなってしまった人というのは、真冬に冷房と扇風機を付けた部屋でアイスを食べ、そのまま水風呂に入る変わり者だったらしい。数日前、女の子が透視した先にいた男性とよく似た行動を取っているように聞こえるが…。そんな噂話をする集団の横で、女の子は“るんるん”とした表情で歩いているのだった。

この漫画を読んだユーザーからは「よく見たら小さいコマに『ブクブク…』って氷水の中で凍死したときの描写も描かれてますね」「透視と凍死と尊死か」「自殺現場とか殺人現場を見たかった…?」といった風に、伏線分析や謎解きを楽しむコメントが複数見られた。透視ができる女の子がいる街で起きた凍死事件。その真相は果たして…。


取材協力:誰でもない(単行本発売中ダレ♂)(@daredemonaidare)