全国的に例年より早い梅雨明けとなったが、まだまだじめっとした湿気の多い天気が続くこの時期。せっかくセットした髪もまとまらなかったり、うねったり広がったりと髪への悩みが増える人も多いのでは?本記事では、湿度が高くなると髪がまとまらない原因と、日ごろからできる髪のセルフケアの方法を紹介する。

■湿度が高くなると髪がまとまらない原因とは?
湿度が高くなると、髪が広がってしまう一番の原因は、髪のダメージによるものと言われている。髪の表面を覆っている保護膜のような組織「キューティクル」のキメが整っておらず、はがれてしまっている状態だ。髪がダメージを受けてしまう要因はいくつかあるが、カラーやパーマによる薬剤の刺激、ドライヤーやアイロン、コテなどによる過度な熱、ブラッシングや枕によって生じる摩擦によるダメージなどさまざま。これらのダメージが蓄積すると外部からの刺激により、髪の表面を覆っているキューティクルが傷付いてしまう。

■髪の広がりは水分による“膨張”が原因!
髪は濡れた状態や湿度が高いと、キューティクルがはがれている部分から、水分が浸入し、キューティクルの内側にあるコルテックス(タンパク質)にためられる。その水分によって膨張し、髪1本1本が異なる形状に「うねり」を起こすことから、髪全体が広がりをおこしている。お風呂上がりなど、髪が水にぬれた状態や自然乾燥は髪が痛む原因の一つだと聞いたことがある方は多いのでは?

開いたキューティクルには、髪を保護する働きが機能しなくなってしまう。髪が濡れて、キューティクルが開いた状態が長引くことは、髪がダメージを受けやすい状態が長く続くことになるのだ。また、髪の内部の水分が蒸発してしまうので、パサつきの原因となる。髪の悩みを軽減するには、なるべく髪にダメージを与えないよう日頃のケアが一番の近道となる。

■自分でできるヘアケア
日常で自分で出来る基本的なヘアケアの第一歩は、洗髪後すぐに“髪を乾かす”こと。特に湿度が高い時期は水分に触れ、キューティクルが広がり痛みやすい状況になるが、お風呂上がりはタオルドライをした後、なるべく早くドライヤーで乾かすことが大切。そうすることで髪のキューティクルが整い、髪に水分が入り込む隙を減らすことによって、髪の悩みも軽減することができる。

■髪の悩みを軽減できる便利グッズ!
髪の悩みを少しでも軽減できるよう、この時期にぴったりな商品を紹介する。

髪にダメージを与えないヘアドライヤー「Zuvi Halo 光ヘアケアドライヤー」
Zuvi Haloは、太陽の光と風による自然乾燥の原理に着想を得て開発した製品。特許を取得した「光」による熱伝導技術と、「風」を組み合わせた、まったく新しい次世代型の光ヘアケアドライヤーだ。光エネルギーを利用した髪を芯からケアする乾燥技術により、速乾性を実現しながらも、使用時には髪と頭皮の温度を低く保ち、より艶やかで滑らかな健康的な髪の状態に仕上げる。

この時季は特に湿気が多く、開いてしまったキューティクルから余分な水分が入り込み、髪がまとまりにくい。しかし、低温乾燥を実現したZuviは、キューティクルに多く含むタンパク質に全くダメージを与えず、良い髪の状態を長く保つことができる。また、一般的な熱風式のヘアドライヤーとは異なり、周辺の空気を熱さないため、暑苦しさを感じず、快適に乾かせるのもポイント。

手軽にうねりケアができる!「ReFa BEAUTECH FINGER IRON」
多くのヘアケアアイテムを販売する、ReFaから発売しているコードレスヘアアイロン「ReFa BEAUTECH FINGER」。髪の毛を挟む部分が指先サイズで持ち運びに便利なので、おでかけの際にカバンの中に忍ばせておけば、出先でも手軽に直すことができる。また、ReFa独自開発のカーボンレイヤープレートを使用しているため、髪へのダメージを抑えながらセットすることができ、せっかく巻いた髪が湿気で崩れてしまったときの強い味方になりそうだ。

“翌朝の寝ぐせ”と“眠り”を整える「セラティス」
最後に紹介するのは、朝起きた時の寝ぐせやうねりの抑制ができるヘアケアシリーズ「セラティス」。「寝ぐせコントロール処方」や「ナイトリペア原料」をはじめとしたこだわりの調合で、就寝時のうねり抑制・摩擦軽減・髪の水分コントロール効果が期待できる。また、補修成分の生コラーゲンなど、90%以上が美容液成分である点もポイント。「ナイトアロマの香り」が、癒やしを感じる心地よい眠りへと誘う。

新しいヘアケアアイテムで、悩み知らずな美髪を目指してみては?

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。