1人暮らしをしていると「誰かに見られている気がする」「人の気配を感じる」という経験はないだろうか?例えばシャワーを浴びている時など見えない分、何となく感じる気配に“ゾッ“としてしまう…そんな実話のようなマルオ (@f90c89d79366434)さんの「怖い話を聞かせてください」を紹介しよう。

Twitterで毎週日曜日に怖い話を投稿しているマルオさん。本作「怖い話を聞かせてください」は、短編集として成立したホラー漫画だが、読み進めていくと「ここで繋がっていくのか!」と話が交差し、続きが気になる作品だ。そこでマルオさんに本作の制作秘話について伺った。

■身の毛がよだつ!ありそうなリアルホラー!
――「気配を感じる」「何かが見える」など、リアルな話が多いですが、このストーリーは実話なのでしょうか?

各人物が話す内容は基本的にフィクションです。ただ元になる体験談がある作品もあります。

――ホラーのネタが閃く瞬間は、どんな時ですか?

やはり、自分が怖いと思った出来事が元になることが多いです。実体験もそうですが、人から聞いたり本を読んだりしてゾクッとしたときに「漫画になったらどんな話になるのかな」という想像をよくします。そういう時に思いつくことが多いです。

――本作は短編としても読めますが、読み進めていくと1作ずつが繋がってもいるストーリー構成になっていますね。

元々短いページで単発の怖い話を描いていたのですが1つの話だけで終わらずに、他の話と繋がりがあると想像する余地があって面白いかなぁと思い、今回挑戦してみました。「パルプ・フィクション」みたいになったらいいなぁ…とぼんやり考えながら描いています。

――ホラー漫画を描かれるということは、実は霊感があったりするんですか?

霊感は全くないです。しかも人一倍怖がりでお化け屋敷やホラーゲームは大の苦手です…。恐怖映画も耳をふさぎながら観る位ですが、なぜかホラーが好きで描いてます。

――本作のこだったポイント、注目ポイントはありますか?

各話がどう繋がっているのか想像すると楽しい…かな?と思います。

――最初に投稿したホラー作品は、どんなものでしたか?

一番始めに出版社に投稿したものも10ページ位の短編を3つ合わせたものでした。長編作品はなかなか描いたことがないですね。

――今は、どんな漫画を描かれていますか?

現在この漫画以外に、同じような短編ホラーのネームを描いて出版社に投稿してます。いずれは長編ホラーにも挑戦したいなと考えています。

最初は、誰かに見られている気配を感じていた女の子の話。そして、リアルな怖い体験を集めていた漫画家の「東さん」がキーマンとなって物語が進んでいく。関わっていく人間に何かが起きていくという不思議な連鎖型ホラー。「過去のを辿ったら…まさかここまで続いてたとは」「東先生何をしたんだ」と、ただ怖いだけでは終わらない展開に今後が楽しみだ。

取材協力:マルオ (@f90c89d79366434))