日々のルーティンの中で「ご飯」が唯一の楽しみだという人も多いだろう。ひとり暮らしで料理をしない田嶋は、個人経営のスーパーの手作り弁当が日々の活力になっていた。一番のヒットは手作りコロッケ。胃袋をガッツリ掴まれてしまった男とお惣菜部のあかりの電話で繋がる距離感が「尊い!」「続きが見たい!」と話題のコマkoma(@watagashi4)さんの「家族経営のスーパーの女の子と近くの工事現場のお兄ちゃんの話」をお届けする。


作者コマkoma(@watagashi4)さんの描く働く男は、意図なく人を魅了する「人タラシ」要素が強い。体つきがしっかりしているため一見怖そうだが、根は優しく温厚。純真で思ったことを口にするが、いいことしか言わないので人当たりがいい。そんな清掃員の恋物語を描いた「窓拭きお兄さんが告られておじさんたちが奮闘する漫画」も読者を興奮状態に陥れ、人気を集めた。


■顔も知らないのに「気になるあの子」
工事現場に勤務する主人公の田嶋は、スーパーひまわりのお弁当が気に入っていた。毎日買いに行くほどハマっていることを同僚に話すと、みんなの分まで弁当を頼まれるようになった。しかし、田嶋らがたくさん買い占めてしまうため、昼用に準備している個数が不足する事態に。

今後は、必要な個数を前日の18時以降に発注してほしいと、惣菜部(妹・あかり)の携帯番号を田嶋に教える姉。そこから惣菜部のあかりと田嶋は、毎日電話で弁当についてやりとりをすることになる。田嶋は「毎日でも食いたい」と弁当を称賛。あかりは田嶋の好みの具を聞いたり、どんな品目にするか相談したりと互いに電話で活力をもらうようになった。

そんなある日、田嶋が弁当を取りにいけないため、あかりが会社に弁当を届けることになった。名前も知らない電話の子に会える!と浮き足立っていた田嶋。しかし、そう思っていたのは自分だけではなく、会社の同僚も合コンに誘いたいと待ち構えていたことを知り、一気に不機嫌になる。

会社に弁当を届けると田嶋が不在だと知り、すっかり落ち込んでしまうあかり。お互い気にはなっているけれど、一歩踏み出せないまま田嶋に元カノから連絡が来たりと話が展開していく。

Twitterでは、名前も知らない2人の恋の行方にたくさんの応援が届いたほか、ラストでは「なんだか花嫁の父親な気分」「甘酸っぱい感覚を思い出した」と、余韻の残るハッピーエンドにたくさんの声が届いている。



画像提供:コマkoma(@watagashi4)