新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」が8月3日、FIFAワールドカップ開幕前の想いを激白する番組、『サッカー日本代表独占インタビュー THE VOICE』の「原口元気編」と「守田英正編」を放送。本番組は、「ABEMA」が全64試合無料生中継する「FIFA ワールドカップ カタール 2022」をより多くの人に楽しんでほしいという思いを込め、毎週1回放送する番組だ。

8月3日の第4回の放送では、日本代表選手自らが対談相手を指名できる特別対談と、独占インタビューのラインナップでお届け。前半では原口元気選手が元日本代表MFで過去に人気サッカー解説者ランキング1位(※1)にも選ばれたことがある、戸田和幸氏を指名。後半では守田選手へ独占インタビューを実施した。
※1 出典:「好きな実況&解説者ランキング サッカー解説者編」(スポーツナビ主催・2020年7月度調査)

スタジオには前回に続き、現在鹿島アントラーズでクラブ・リレーションズ・オフィサー(C.R.O)を務める元日本代表・中田浩二氏とタレントの足立梨花さんが出演した。

■ 戸田和幸氏「見事にトランスフォームしたNEW原口」を高評価!
原口元気選手は対談相手に解説者の戸田和幸氏を指名。ともに日本代表MFとして活躍してきた2人が熱く語り合った。原口選手の現在のポジションについてのくだりでは、従来はゴールに近いサイドハーフをメインとしていたが、所属クラブではインサイドハーフに変更した原口選手はその理由について「サイドハーフでの限界が見えた。トップの能力に届かなかった」と吐露。

戸田氏からポジション変更を考え始めた時期について聞かれると「(前回大会の)FIFAワールドカップ ロシア 2018くらい」と告白した原口選手。同時期に所属クラブの監督からインサイドポジションへコンバートしないか打診されたこともあり、現在のポジションに定着したという。戸田氏は「トップレベルに挑戦する中で感じた、ある意味挫折に近い」と語りながらも、それにより新しい可能性が生まれたことで「見事にトランスフォームした」と称賛。原口選手は「(インサイドハーフポジションへ変更したことで)第二のキャリアがスタートした」と振り返った。

FIFAワールドカップ2大会連続出場が予想される原口選手に向けて、戸田氏は「(決勝トーナメント進出の)可能性を膨らませるためには、たくましさとインテリジェンス、コミュニケーションを含めた柔軟性」が重要な要素としつつ「(原口選手はFIFAワールドカップ)経験者ということも含めて期待している」と真っすぐな眼差しで語った。

スタジオでは中田氏が、日本と韓国で共同開催されたFIFAワールドカップでプレーをともにした戸田氏に対して「激しいプレースタイルでしたが、解説者になったらすごく論理的」と感心。原口選手に対しては、「ポジションを変える勇気」を高く評価。また「ハードワークができる選手なので、それを攻撃、守備で出してほしい」と期待。

さらに原口選手の印象を聞かれた足立さんは「原口選手といえばヤンチャ」「実は怖いイメージがあった」と告白。加えて「浦和レッズの選手は浦和でやっていることにプライドがあるからギラついてる」と笑みをこぼしながらコメント。他にも最大の武器であるドリブルの生かし方や戸田氏のサッカー論など、本番組でしか観ることができない原口選手と戸田氏の特別対談は必見だ。

■田中選手をライバル意識する守田選手の発言に「かわいい…」
守田英正選手の独占インタビューでは、これまでのサッカー人生や、「FIFAワールドカップ カタール 2022」に懸ける想いが明らかに。クリスティアーノ・ロナウドやルイス・フィーゴなどポルトガル代表の英雄らが在籍していた名門スポルティングCPへ移籍を果たし、現在世界中から脚光を浴びる逸材である守田選手は、攻守にわたりチームをけん引する日本代表の頭脳として機能している。

守田選手最大のライバルは川崎時代から切磋琢磨してきた田中碧選手。「田中碧の存在が僕をレベルアップさせてくれたのは間違いない」と本音を告白。川崎フロンターレでは弟のような存在として田中選手を可愛がっていた守田選手だが、ライバル意識が芽生えてから「対等に同じ目線で勝ちたいという気持ちに変わり、ご飯に行かなくなった」と、はにかみながら語った。これにはスタジオにいた足立さんも「かわいい…」とポロリ。

最後にFIFAワールドカップについて、「自分が出場して活躍するというのが大事」「(すごいクラブで活躍している選手がいっぱいいる中で)自分が日本代表の中心と見せつけたい」と控えめながらもはっきりとした口調で意気込みを語った。

スタジオでは中田氏が「ドイツやスペインと当たりますけど、守って守って戦うのではなく攻撃的にどんどん仕掛けていき観てる人を楽しませてほしい」と期待。足立氏は「進化し続けている選手、その進化をFIFAワールドカップで観てみたい」とコメント。この他にも、大学No.1ボランチがつかんだ日本代表の話や、心の支えになった中村憲剛氏の言葉など、本番組でしか観ることができない守田選手の本心に迫るトークも注目だ。

番組挿入歌には、圧倒的な存在感で輝きを放つ歌手・LiSAさんによるABEMA・テレビ朝日 FIFA ワールドカップ カタール 2022 番組公式テーマソングである「一斉ノ喝采(いっせいのかっさい)」が使用されており、こちらも要チェック!

■今後もワールドカップを楽しめる番組や企画が目白押し!
「ABEMA」では、全試合無料中継する「FIFA ワールドカップ カタール 2022」をより多くの人に楽しんでもらうため、「ABEMA」×テレビ朝日の共同制作特別番組『FIFA ワールドカップ64』や、本大会の最新ニュースを発信するサイト「FIFA ワールドカップ カタール 2022 完全ガイド by ABEMA」などを展開。

サッカー初心者からファンまで、多くの人に大会開催前からFIFAワールドカップを余すことなく楽しめる企画やキャンペーンを、今後も随時展開していくという。『サッカー日本代表独占インタビュー THE VOICE』の追加情報も順次発表されるそうなので、そちらにもぜひ注目を!