ある日突然、リストラにあった。妻にはリストラにあったことを言えず、黙って転職先を探した。しかし、そこは人材不足で多忙な職場だった!!そんなコミカルなギャグ漫画を描いたマルオ(@f90c89d79366434)さんの「再就職先を妻に言えない夫の話」を紹介しよう!



■転職先は「正義の味方」だった!?笑えるギャグ漫画
「いってきます!」と出かけていく夫に「今日は転ばないようにね!」と労りの声をかける妻。最近、カキモトは「転んだ」と言ってケガをして帰ってくる。その理由は、再就職先で過酷な業務をこなしていたからだった。

新しい職場は、なんと悪を倒す正義の味方「サラリー仮面」だった(契約社員)。カキモトは、登場シーンのセリフ「この世に悪が栄えた試しなし!サラリー仮面登場!」にも照れてしまうほどの新米だ。

しかし、ヒーローの如く飛び蹴りでひったくり犯を倒す!被害者は隣の住人の奥さんだったが、素性を隠したまま急いで立ち去る。

業務報告を終えたところに上司から、緊急の強盗事件に急いで向かって欲しいと言われる。サラリー仮面の会社は、人材不足でヒーローの手が足りていないのが実状のようだ。カキモトは妻のためを思い、自転車を漕いで急いで銀行へ向かう。

強盗犯はかなりの強敵。家路に着くとカキモトの顔は腫れ、スーツ(備品の衣装)もボロボロになっていた。ケガをするたびに転んだと嘘をついていたカキモト。今日は「会社の階段か10回ほど転んだ」と、大嘘をつく。

ケガだらけの姿をみて、妻は「隠したいなら聞かないよ」とカキモトを抱きしめる。再就職先を言えないカキモトだが、本当は夫の仕事をわかっていて黙っている妻。陰ながら夫を支える妻の愛にカキモトはいつ気がつくのだろうか?



■笑いと恐怖は背中合わせ!?マルオさんの他の作品

夫の転職先がヒーローだったら?というギャグ漫画の他にも、ウォーカープラスではこれまでに、背筋がゾッとするようなホラー漫画「怖い話を聞かせてください」や恐怖体験も笑えてしまうホラーとギャグがミックスした「事故物件住んでみた(笑)」などを紹介してきた。ホラーとギャグ漫画を得意としているマルオさんの今後の作品も目が離せないぞ。





画像提供:マルオ(@f90c89d79366434)