残業続きで真っ暗な夜道を帰る。ある日は暗闇の中に消えてしまいたくなったり、ある日はご褒美に割引のお寿司を食べて自分を鼓舞させていた残業ねこ。ついに「こんな会社、やめてやる!」と、15年勤めた会社を辞めることを決意。しかし、転職活動は容易ではなかった。自身の市場価値のなさに落ち込む中、残業しながらもファイナンシャルプランナーの資格を取得。何度も企業の面接を繰り返すなか、ようやく残業ねこに「採用通知」の連絡が届いた!のが前回までの話。




■採用通知に小躍りしたものの退職は簡単じゃなかった!?
ようやく勝ち取った「採用通知!」これで、今の会社を辞めることができる。残業ねこは常に鞄の中に入れてあった「退職届」の封筒を上司に提出することにした。

ねこくんの突然の退職届に「俺だって辞めてぇんだよ」と逆ギレする上司!ねこくんに自分の業務を引き継いだら辞めようと思っていたことを暴露する。最悪な上司だった…。

さらに、ダメ部長はねこくんが辞めることを社内に言いふらす始末。職場に居づらくさせるなどの悪質な態度を取った。

本社の人事と話し合い、残り一カ月半で退職することが決まったねこくん。辞めることを応援してくれる人もねこくんの仕事ぶりをきちんと理解してくれていたいい上司もいた。

ようやく決まった「祝退職!」のパーティーを開催している最中に、ねこくんの携帯に上司から電話がかかってきて!?

退職が決まったのに上司からの電話。転職先が決まってもなかなかスムーズに退職できないねこくんの今後は!?

退職を決意してから怒涛の展開をみせる「残業ねこ」。転職したいけど勇気が出ない人、悩んでいる人、迷っている人に読むと参考になる残業ねこ。今後もウォーカープラスでは、残業ねこのその後をお届けしていくぞ!




画像提供:あおいし(@ao144444)