ワインやビールの輸入卸販売や飲食店経営を行うワールドリカーインポーターズ株式会社/株式会社ザート商会は、2024年7月8日(月)に東京・渋谷にオープンする「渋谷アクシュ(SHIBUYA AXSH)」の2階に、本場スペイン料理と樽生ビールやボトルビールなど50種類以上のビールとカクテルを楽しめるカジュアルビアレストラン「Cerveza JPN(セルベサ ジャパン)」を同日オープンする。

今回の新オープンについて担当者に話を聞いてみた。

ーー今回の新オープンの意図や狙い、ターゲットは?
渋谷の新名所、渋谷アクシュ2階に出店することになり、幅広い層に求められる店舗になるよう試行錯誤しております。近隣のオフィス勤めの方にはランチでお得に召し上がっていただける小ぶりなパエリアを用意し、観光客の方は昼間からおいしいビールやカクテルを味わいながら本格的なスペイン料理をお召し上がりいただけます。ガラス窓から自然光が差し込む明るい店舗で、大型LEDビジョンにモニターを設置し、映像や音楽までこだわり、本場スペインと渋谷を融合させた特別空間を作り出しました。

ーー今回の新オープンについて、イチオシ、目玉となるものは?
次々と焼き上がるパエリアの香りに包まれた店内で、独占直輸入の世界各国から集めたクラフトビール、シェフこだわりのパエリア(肉の旨味をふんだんに使用して炊き上げたチキングリルパエリア、肉の旨味たっぷりのパエリアと低温でじっくり仕上げたローストビーフパエリア、海老などの魚介エキスをたっぷり吸いこんだ濃厚パエリア)や、5種類のお肉を豪快に焼き上げたミートプラッター、樽生ビールやボトルビールなど50種類以上のビールとカクテルをお召し上がりいただけます。

■「Cerveza JPN(セルベサ ジャパン)」とは
「Cerveza」とはスペイン語で「ビール」という意味。独占直輸入された世界各国のクラフトビールと、本場スペインの味を再現したパエリアやピンチョスなどのスペイン料理が楽しめるカジュアルビアレストランだ。

場所は新しくオープンする渋谷アクシュ2階の角。ガラス窓から自然光が差し込む明るい店舗には、大型LEDビジョンとモニターが設置され、映像や音楽にまでこだわる。

パエリアの香りに包まれた店内で、世界各国のクラフトビール、シェフこだわりのパエリアをはじめとしたスペイン料理を堪能しよう。