2024年6月6日に新たなディズニーホテル「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」がオープン!その中に登場した「オールデイ・ダイニング ファンタジースプリングス・レストラン」のブッフェ台には、見た目も楽しいメニューが並んでいる。

「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」は、デラックスタイプ「ファンタジーシャトー」と、ラグジュアリータイプ「グランドシャトー」の2棟で構成。同レストランは、前者の「ファンタジーシャトー」1階にあり、ブレックファスト(大人4000円)、ランチ(大人5800円)、ディナー(大人7000円)いずれもブッフェスタイルで提供している。

ランチやディナーで注目したいのは、ブッフェ台でひと際輝いている、豪華な「シュリンププラッター」!エビ好きは興奮すること間違いなしだ。

またディナーでは、ハムや豚足、パセリをゼリー寄せにした「ジャンボンブランとパセリのアスピック」や、魚介をたっぷり使用した「シーフードのパエリア」、バチマグロをマリネ&ローストした「マグロのロースト プロヴァンス風」など、色鮮やかで華やかなプレートがズラリ!同所では、フランスやスペイン、北欧など世界各国の料理を楽しむことができる(※メニュー内容は2024年9月以降変更を予定)。

そのほか、カラフルな「ミニコーン」など、デザートもキュートな一品が勢ぞろい。店内には、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」、「白雪姫」、「眠れる森の美女」をモチーフにした青い鳥や森の動物の絵画も飾られており、ワクワク感のあるパークの雰囲気を楽しみながら食事ができる。

取材・文=平井あゆみ

(C)Disney

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※当面の間、東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテルに宿泊のゲストのみ利用可能。東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージでファンタジースプリングス・レストランを選択したゲストも利用可能(ランチ/ディナーのみ)